情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【甲子園】センバツ高校野球をインターネット中継・アプリのLIVE動画で見る方法(2017年・春)

高校野球 (6)

本日2017年4月1日に阪神甲子園球場にて決勝戦「大阪桐蔭 対 履正社」が行われる「第89回選抜高等学校野球大会」でも、公式のインターネット生放送を視聴することができます

例年インターネット生中継されており、iPhone版アプリ/Android版アプリも提供されています。

外出先でも手軽に見れますし、会社の昼休みにスマホで見る、なんてこともできます。

このあたりの甲子園xインターネット配信事情ががあまり知られていないようなので、共有しておきます。

【追記】2017年、夏の甲子園の生中継はこちら

パソコンから

パソコンから見る場合は、毎日新聞の「センバツLIVE!」ページから、今年もネット中継を見ることができます。

ちなみに、以前紹介したHLSプロトコルで配信されています。

iPhoneから

iPhoneからでも、同じ「センバツLIVE!」ページから、LIVE配信を視聴できます。

アプリを使えば、試合開始を通知してくれたりするので、おすすめです。

うまく再生できない場合や、別アプリとして視聴したい場合は、「選抜高校野球大会公式アプリ」の利用がおすすめです。

アプリであっても、映像は共通です。

Androidスマートフォンから

Androidスマートフォンでも、「センバツLIVE!」のページから、ライブ動画が視聴できます。しかし、一部Androidスマートフォンでは、視聴できません。

そのため、うまく再生できない場合はAndroid版のアプリ「選抜高校野球大会公式アプリ(Android版)」を利用してください。

iPhone・Androidスマホから利用する場合の注意点

外出先から、3G/4G/LTE回線で視聴を続けると、データ量が多く、通信制限になってしまう可能性があります。また、バッテリーの急激な減少にも注意が必要です。

極力Wi-Fiを利用するようにしたり、音声だけになってしまいますがNHKのラジオが聴ける公式アプリ「らじるらじる(iPhone版Android版)」を使うなどして、気を付けてください。

必要なデータ量を実験

どれくらい通信量(ギガ数)を使うのか、実験してみました。

iPhone版の「選抜高校野球大会公式アプリ」を使って、iPhone 7 Plus + 4G回線を利用し、ディスプレイを縦にした場合(映像が小さい)と横にした場合(映像が大きい)の2パターンでそれぞれ30分間再生し、モバイルデータ通信の設定画面で消費データ量がどれだけ増えたか、を確認しました。

実験結果

画面縦横どちらの場合でも、30分間で約400MB(0.4GB)のデータ量消費でした。

通信制限までの残り通信量(調べ方)と相談しつつ、利用してみてください。

決勝はTwitterの動画配信でも

決勝戦では特別に、Twitterのライブ動画配信も同時に行われています(内容は毎日新聞の「センバツLIVE!」と同じ)

※広告ブロック系拡張が入っていると、CMのタイミングで「メディアを再生できませんでした」エラーになり止まってしまう場合あり

追記:高校野球春季東京大会・決勝(2017年4月27日 神宮ナイター)

2017年4月27日に神宮で行われている決勝「日大三 vs 早実」をテレビで見たい、という人は、Abema TVで生中継が行われているので、そちらを見るようにしてください。

生中継:https://abema.tv/now-on-air/special-plus-2?slotId=9BMXRCG32vai1d

コメント(0)

新しいコメントを投稿