情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

企業が設置したMastodon(マストドン)サーバ「pawoo.net」でユーザー登録する人が増加中

Mastodon (13) pixiv (1)

日本では「mstdn.jp」サーバーが人気のMastodon(マストドン)ですが、多くのサーバーが不安定で重たい状態が続いていました。

また、アカウント登録用のメールも届きにくいことが多いなど、性能面での問題が多発しています。

個人運営や運営元がはっきりしないサーバーが多く、セキュリティ面で心配に思うユーザーも多い状態です。

そんな混沌としていた「Mastodon」サーバー群に、突然pixivの運営元であるピクシブ株式会社が「pawoo.net」というサーバーを追加してきました。

Mastodonでは、サーバーを超えたフォローが可能です。つまり、「pawoo.netサーバーで作ったらmstdn.jpのユーザーの投稿が見れない」ということがないので(ローカルタイムラインを見たい場合など、不便な点はあるが)、「ログイン情報を預けても良さそうな運営母体かどうか」でアカウントを作ることが基本&重要事項となります。そういう中、企業が作成したマストドンサーバーの価値は大きなものとなると思います。

ここでは、そんな企業が作成したマストドンサーバー「pawoo.net」について紹介します。

※登場当初、pawoo.netは高速で快適でしたが、2017年4月15日19時現在、重い状態が続いています。エラーが出たり、タイムラインが読み込まれなかったり、が増加しています)。また、22時30分現在、タイムラインの自動読み込み(リアルタイム読み込み)が動作しないなど、不安定な状態が続いています(詳細)。

pixivのマストドンサーバー「pawoo.net」

pixivが運用を開始したMastodonサーバー(インスタンス)が「pawoo.net」です:https://pawoo.net/about

確認メールアドレスがすぐ届く

まず、ページの表示が高速です。そして、登録時に必要な確認メールも一瞬で届きました

既に話題となっている状態でしたが、パスワードを設定し、メールの受信ボックスを開いたところ、もうそのタイミングで届いている、というスムーズな登録ができました。

この点についてmstdn.jpと比較しておくと、mastdn.jpは移転後であっても、メールが届くまでしばらく時間がかかりました。

ページの読み込みが速い

また、pawoo.netは、マストドンの各ページの読み込みも高速で、他のサーバーと比較して、かなり快適に利用できるようになっています。

※2017年4月15日19時現在、エラーが多発しています。

pawooでマストドンを始める人が増加中

現在、遂に日本の有名な「企業」がマストドンサーバの運営を開始した、ということで、「マストドンのアカウントを作る」というときに、「pawoo.netでアカウントを作る」を選択するユーザーが急増しています。

既にpawoo.netのユーザー数は8,000ユーザーを超えています。一方で移転後のmstdn.jpも現在ユーザー数を急激に回復させており、mstdn.jpのユーザー数がpawoo.netのユーザー数をもうすぐ上回りそうです。

pawoo.netのアカウントから他のサーバーのユーザーもフォローできる

Mastodonの仕組みでは、アカウントを作成するサーバーと、フォローする相手のサーバーが別であっても問題ありません(というよりこれが特色)。

なので、自分が「どのサーバーでアカウントを作るか」は、「どのユーザーをフォローしたいか」というよりかは、「自分のアカウントのログイン情報を、誰が運営しているサーバーになら預けても良さそうか」で選ぶことになります(ローカルタイムラインを眺めたい場合はまた別となるが)。

そんなMastodonの仕組みからして、「企業が運営するサーバ」は、アカウントを作る場所として優れているかと思います。

もちろん、自分一人用サーバを立てる、というのも手です。

Mastodonの人気ユーザーランキングも

また、最近新規上場したばかりの株式会社ユーザーローカルは、早速「Mastodonランキング」というサイトを公開しており、Mastodon関連の活動を何かしら実施する企業は他にも現れ始めています。

参考:マストドン ランキング

ひとこと

今回はpixivがかなりの速さでマストドンのサーバーを開設しましたが、今後サーバーを立てる企業が他に現れるのか、気になります。

そもそも、現在のマストドンブームがどの程度後どれだけ持つのかが気になるところですが。

追記:pawoo.netがmastodon.xyzからbanされる事態が発生(2017年4月15日18時20分)

pawoo.netに問題のある画像を投稿している多数のアカウントに対して運営が対策していないとして、先ほど紹介したサーバーリストを運営しているmastodon.xyzは、pawoo.netをbanしたことを発表しました。

サーバーリスト事態にはpawoo.netが残っており、ここで言われている「ban」はどうやら、マストドンのmastodon.xyzサーバー上で、pawoo.netと連携できないようにした、ということなのだと思われます。

追記:pawoo.netが不安定に(2017年4月15日18時45分追記)

現在pawoo.netは、何度かの読み込みに一度「We're sorry, but something went wrong.」エラーが表示されてしまう、不安定な状態になっています。

エラー時のステータスコードは500です。このときに気が付いたのですが、レスポンスヘッダのserverには、「nginx/1.6.2」の通り、バージョン付きでサーバー名が設定されています(エラー画表示されない正常にアクセスできたケースでは、serverヘッダはMastodonになります)。

参考:

「バナー情報が露呈していても、アプリケーションを常に最新版を使用するよう心掛けて実行していれば問題ないのでは?」という考え方もあるが、答えはNoである。 引用元

追記:pawoo.netが504エラーで完全に利用不能→復活するもタイムラインの読み込みに失敗するなど不具合発生(2017年4月15日22時30分追記)

追記:ブーストを取り消せない問題発生中(2017年4月16日12:30追記)

一度ブースト(リツイート)した投稿をブースト解除するために、もう一度ブーストボタンを押しても、ブーストが削除できない問題が発生しています。

pawoo.netサーバにて、「POST https://pawoo.net/api/v1/statuses/***/unreblog」のAPI呼び出しに対して404エラーが発生してしまっているのが原因のようです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿