情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Excel】パスワード付きのExcelファイルを作る方法

Excel (25) Excel 2016 (15)

Excelファイルにパスワードをかける方法を紹介します。

ファイルを受け渡しする際に、「Excelにパスワードを設定してから送信する」のようなルールが設けられている場合があります。そんなときは、このページで紹介する設定方法でパスワードを付けてみてください。

利用したのは、Windows 10 Pro 64bit + Office 365 Solo版のExcel(Excel 2016)です。

※パスワードを解除して保存する方法が分かりにくかったので、解除方法の記事を書きました。その対となる記事として書いておきます。

Excelファイルにパスワードをかける設定方法

Excelファイルにパスワードをかけるには、まず左上の「ファイル」をクリックします。

次に、「情報」タブにある「ブックの保護」をクリックします。

すると、以下の選択肢が現れるので、「パスワードを使用して暗号化」を選択します。

  • 最終版にする:ブックを最終版とし、読み取り専用に設定します。
  • パスワードを使用して暗号化:このブックを開く際に、パスワードを要求するようにします。
  • 現在のシートの保護:現在のシートに対してユーザーが行える変更の種類を管理します。
  • ブック構成の保護:シートの追加など、ブックの構成に不要な変更を加えられないようにします。
  • デジタル署名の追加:表示されないデジタル署名を追加し、ブックの完全性を確保します。

パスワードを設定する

すると、パスワードの入力ダイアログが表示されるので、Excelファイルに設定したいパスワードを入力して「OK」をクリックしてください。

※入力間違いしないように注意してください。また、少ない文字数でも設定可能ですが、長いパスワードにしておくことをおすすめします(力技で突破されないように)。

ドキュメントの暗号化
このファイルの内容を暗号化します
パスワード(R):[   ]
注意:忘れてしまったパスワードを回復することはできません。パスワードと、それに対応するドキュメント名を一覧にして、安全な場所に保管することをお勧めします。
(パスワードは、大文字と小文字が区別されることに注意してください。)
[OK] [キャンセル]

※ここで入力したパスワードを誰かに伝える場合には、メモ帳などで一度パスワードを入力して、それをパスワード入力欄に「コピー」して、手で入力する代わりにすると、間違いが減るのでおすすめです。

パスワードを確認入力する

間違えを防ぐために、もう一度同じパスワードを入力して、「OK」をクリックします。

パスワード保護の設定完了

すると、「このブックを開くにはパスワードが必要です」という表示に切り替わり、パスワード保護の設定が完了します。

保存する

パスワードで保護したら、必ず「保存」をしてください

パスワード保護も、その他の編集作業と同様に、保存する必要があります。保存しないで閉じてしまわないように気を付けてください。

パスワードを確認する(ファイルの開き方)

パスワード保護したら、ちゃんとパスワードがかかっているかを確認してください。

まず、普段通り、Excelファイルをダブルクリックしてみてください

すると、「'○○.xlsx'は保護されています」と表示されるので、先ほど設定したパスワードを入力して、「OK」をクリックします。

Excelファイルの内容が表示されれば、パスワードが正しく機能していることが分かります。

設定完了

これで、Excelに正しくパスワードを設定できました。

付録:パスワードが間違っている場合の表示

パスワードが間違っていると、次のポップアップが表示されます。再度パスワードを入力してください。

入力したパスワードが間違っています。CapsLockキーの状態に注意して、大文字と小文字が正しく使われていることを確認してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿