情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

家庭の無線LANが「WEP(ウェップ)」方式の暗号化を使っているか確認する方法

iOS 10 (61) iPhone (900) Wi-Fi (18) セキュリティ (66) 無線LANルータ (4)

家庭の無線LANルーターが「WEP(ウェップ)」と呼ばれる暗号化の方式を使っている場合、無料のツールを使って1分程度で暗号鍵が解読されてしまい、トラブルに巻き込まれる危険性があることがNHKのニュースで紹介されました。

ニュース内では「WEPを使っていないか確認して、WEPを使っている場合は、無線LANルーターを新しいものに買い替えるように」と案内していましたが、WEPを使っているのかどうか確認する方法は紹介されず、無線LANの設定を確認しようにも、無線LANの設定画面を開いて設定を確認することは簡単ではありません(方法が分かりにくい)。

そこで今回は、利用者の多い「iPhone」で使える、WEPを使っているかどうかの簡単な確認方法を紹介します(iOS 10~)。

iPhoneの設定アプリから確認する方法

まず、WEP暗号化を使っているかを確認したいWi-Fiに、iPhoneで接続してください。

そして、iPhoneの「設定」アプリを開きます。

そうしたら次に、「Wi-Fi」をタップします。

すると、接続中の無線LANの名前(SSID)が表示されているはずなので、そこの右にある「i」ボタンをタップしてください。

WEPの場合の表示

ここで「WEP」を利用している場合は次の通りAppleからの注意文が表示されます。

安全性の低いセキュリティ
WEPは安全性が低いとされています

これが自分のWi-Fiネットワークの場合は、WPA2パーソナル(AES)を使用するようにルーターを構成してください。

これが表示されている場合は、WEPから別の安全な暗号化方式に切り替える(無線LAN親機側の設定の変更が必要)か、新しい無線LANルーターを購入して、推奨の設定を利用することがおすすめします。

※WEPに限らず、安全性が低い暗号化方式を利用している場合は、類似の警告文が表示されます。注意してください。

最新の無線LANルーター

WEP方式を利用中の時点で無線LANが古すぎるのかも?買い替えた方が良いのでは?と思ったりするのですが(NHKのニュース中でも買い替え推奨だった)、Wi-Fiが遅い、と感じている人や電波が弱いと感じることがあるのであれば、これを機会に最新の無線LANルーターに買い替えてしまうのが良いかと思います。

Amazonで売れ筋1位の無線LANルーターが(もちろん)新しい暗号化に対応していて、しかも安価でした。だいたいの場合、このくらいの価格のもので充分かと思います:

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP3 (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)
BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP3 (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)

関連記事

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About