情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhoneで「音楽の再生が突然止まる、勝手にSiriが起動する」問題についての対策メモ

iOS 10 (61) iOS 10.3.2 (4) iPhone (900) iPhone 7 (72) iPhone 7 Plus (54) Siri (3)

iPhone 7 Plusでイヤホンを使用して音楽を聴いていると、突然音楽の再生が止まったり、突然次の曲に進んだり、はたまた勝手にSiriが起動したり、ヒドイノイズが入ってしまったりなど、最近おかしな現象が多発していました。

この問題は、発生し始めると立て続けに発生し、発生頻度にムラがあることが特徴です。

今回、この問題について記録して、いろいろと対策を試した結果、おそらく原因はこれだろう、というところにたどり着いたので、その内容を共有しておきます。

利用端末

利用しているのはiPhone 7 Plus(iOS 10.3.2)です。有線のイヤホン(Ultimate Ears UE900s)を、iPhone 7 Plusに付属していた、変換ケーブルで接続しています。

つまり、こんな雰囲気です(画像は別のイヤホン ONKYO E700MB):

症状

イヤホンで音楽を再生していると、次の症状が発生します。

  • 突然、勝手に再生が止まる(一時停止になる)
  • 突然、勝手に再生が始まる(一時停止解除だけでなく、強引に再生→Musicアプリが動作)
  • 次の曲に勝手に進む
  • ボゾボゾ、のような激しいノイズが入る
  • Siriが勝手に起動する

試したことなど

発生原因として最初に疑ったのは、アプリ側の問題でした。

しかし、他のプレイヤーアプリを利用しても、類似の症状が発生してしまったため、アプリというよりはiOS側、もしくは、ケーブル側/イヤホン側が怪しいのではないか、と感じました。

そこで、ひとまず本体の再起動や、ケーブルの抜き差しを試してみましたが、比較的すぐ再発してしまい、効果はないようでした。

となると、どちらかというと疑わしいのはケーブル・イヤホン側に感じます。

そこでまず、イヤホンを使用せず、スピーカーから音楽を再生してみることにしました。イヤホンで音楽を聴いている最中、特にiPhoneを触っていたり、歩いている最中に発生しやすいので、スピーカーから音楽を再生した状態で屋内を歩き回ってみましたが、やはりイヤホンを接続している状態で無ければ発生しないようでした。

また、発生時の画面を見ている限り、イヤホンの単なる接触不良で一瞬の抜き差しが発生してしまっていた、というのとも違うように見えました。また、それだけでは次の曲に進む、Siriが起動する、というあたりの説明が付きません。

そこからさらにSiriの設定を変更して、「Hey, Siri」で起動する機能をオフにしてみたいのですが、それでも勝手にSiriが起動する現象が確認できました。

続いて、イヤホンを別のイヤホンに変更してみました。しかし、イヤホンを変更しても、症状は再発しました。

原因

そして最終的に、Lightningとステレオミニプラグを変換するケーブル(iPhone 7 Plusとイヤホンを接続するための変換ケーブル)を、別の変換ケーブル(追加購入した同じApple純正品)に交換してみたところ、それ以降再発していません

ここまでの検証の結果、どうやら原因は、iPhone 7から導入された、Lightningをイヤホンジャックに変換するケーブルの不具合である可能性が濃厚となりました。

ひとこと

この変換ケーブルは、ケーブルの根元の部分が抜けてしまったなどの不具合報告も多く、内部的におかしなことになってしまっているのかもしれません(中途半端な断線で、変なリモコン信号が送られてしまっている?)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿