LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE】トーク履歴を丸ごと一括バックアップしてデータを引き継ぐ方法(バックアップ編。Android版LINE 7.5.0~)

LINE (1210) LINE 7.5.0 (1) LINE-Android (145) LINE-トーク履歴 (10) LINE-バックアップ (12) LINE-機種変更 (23)

2017年5月31日のAndroid版LINE 7.5.0アップデートより、新しく「Google Drive」にトーク履歴をバックアップできるようになりました

今までは、トークルームごとに1つずつバックアップする必要がありましたが、今回から、まとめて丸ごとバックアップできるようになっています。トーク履歴の引き継ぎ(復元)も、一括でできるようになりました。

バックアップの使い方が大きく変わったので、ここでそのバックアップ方法を紹介します。

参考(iPhoneの場合):iCloudからLINEのトーク履歴を引き継ぐ流れと手順まとめ(LINE 6.4.0~)

LINEを最新版にアップデート

この機能を使うには、LINE 7.5.0以降が必要です。LINEアプリを最新版にアップデートしてください。

トーク履歴バックアップ機能を開く

まず、「設定(歯車)」をタップして開きます

次に、「トーク・通話」をタップします。

そして、「トーク履歴のバックアップ・復元」機能を開いてください。

トーク履歴のバックアップ・復元
バックアップしておくと、トーク履歴がGoogleドライブに保存されます。
スマートフォンをなくしたり、新しく買い換えたりしても、バックアップしておいたトーク履歴を復元することができます。

バックアップ先のGoogleアカウントを選択する

すると、まだ一度も利用していない状態の「トーク履歴をバックアップ&復元」画面が表示されるので、「Google ドライブにバックアップする」をタップしてください。

トーク履歴をバックアップ&復元

前回のバックアップ
日付:-
容量合計:-

Googleドライブ
Googleドライブにバックアップする
バックアップしておくと、トーク履歴はGoogleドライブに保存されます。
スマートフォンをなくしたり新しく買い換えても、バックアップしたトーク履歴を復元することが出来ます。

Googleアカウント
未設定

復元
復元する

Wi-Fiに接続していない場合は次のポップアップが表示されるので、「はい」をタップしてください(または、Wi-Fiに接続してやり直す)

Wi-Fi接続されていません。モバイルデータを利用して続行しますか?
[いいえ] [はい]

すると、バックアップ先となるGoogleアカウントの選択画面が表示されるので、自分の利用したいGoogleアカウント(@gmail.com)を選択して、「OK」をタップしてください(※自分のGoogleアカウントを持っていない、新しく作りたい場合は、「アカウントを追加」へ進みます。親のGoogleアカウントなどは、利用しない方が賢明です。ひとつのGoogleアカウントに複数アカウント分のトークをバックアップすることは想定されていない可能性が高く、トーク履歴が消える可能性が考えられるためです)

Googleアカウントにログインする

すると、LINEアプリから、Googleドライブに対するアクセス要求のポップアップが表示されるので、「許可」をタップします。

LINEによるリクエスト:

Google ドライブの独自の設定
データの表示と管理

続行すると、このアプリとGoogleがそれぞれの利用規約とプライバシーポリシーに従ってあなたの情報を使用することを許可することになります。


[許可しない] [許可]

バックアップの開始と完了

すると、「読み込み中...」表示の後、自動的にバックアップが開始され、元の画面に戻されます。「前回のバックアップ」に情報が表示されていれば、無事バックアップ完了です。

注意点

バックアップしておきたいトーク履歴の画像は、別途拡大表示した上で、保存しておいてください。トーク履歴に含まれるすべての画像・動画・音声は、別途バックアップしておくことをおすすめします(今までと同じ)。

参考:iPhone版LINEのトーク履歴バックアップ機能で画像・動画は復元できる?→縮小画像のみのバックアップに注意!

コメント(0)

新しいコメントを投稿