LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE 7.5.0アップデートの不具合情報・評判まとめ(2017年5月31日リリース)

LINE (1162) LINE 7.5.0 (Android) (2) LINE 7.5.0 (iPhone) (3) LINE-Android (138) LINE-iPhone (290)

本日、iPhone版LINEおよびAndroid版LINEの最新版LINE 7.5.0アップデートがリリースされました。タイムラインの背景に色を付ける機能が付いたり、Android版では新しいトーク履歴バックアップ機能が追加されるなど、大きな変更のあるアップデートです。

このアップデートに伴って発生した不具合の声が多いようなので、ここでまとめておきたいと思います。

今回は特に「ブラウザを毎回開かないといけない」問題と、「吹き出しの下に謎の空白が入る」問題が深刻のようです。

iPhone版 LINE 7.5.0 のアップデート内容

iPhone版 LINE 7.5.0 の更新情報は、次の通りです。

バージョン 7.5.0 の新機能
・トークルームですぐにYouTube動画を再生できるプレイヤーを追加
・LINEアプリアイコンの3Dタッチショートカットから、LINE Pay と QRコードリーダーにアクセスできるよう改善
・タイムラインの投稿画面で、背景色を変えたり文字にアニメーションを適用できる機能を追加
・トーク・通話設定内に音声通話の品質を確認できる「テスト通話」項目を追加

Android版 LINE 7.5.0 のアップデート内容

一方、Android版 LINE 7.5.0 の更新内容は次の通りです。

新機能
・トーク履歴をGoogle ドライブにバックアップできる機能を追加
・プロフィールアイコンにギャラリー内の動画を設定できるように改善
・特定のトークを、トークリストの上部にピンで固定することができるよう改善
・タイムラインの投稿画面で、背景色を変えたり文字にアニメーションを適用できる機能を追加
・外部アプリから、写真や動画をトークルームに直接共有できるよう改善
・トークリストを未読メッセージ順に表示設定時、メンションされた未読トークを一番上に表示するよう改善
・トーク・通話設定内に音声通話の品質を確認できる「テスト通話」項目を追加

やはり、トーク履歴をGoogleドライブに一括バックアップする機能(使い方)に注目が集まっています。

Android版LINEの不具合情報まとめ

以下、不具合情報についてまとめておきます。現段階では、状況や対策がはっきりとは分かっていないものも多い状況です。

公式アカウントのトークを開こうとすると、毎回ブラウザが開く

公式アカウントのトークを開こうとすると、

  • 毎回ブラウザが開く
  • ブラウザ選択が毎回表示される
  • パスワードが必要と言われる

といった不具合が発生したり、他にも同意をタップしても「ページが見つかりませんでした。次の原因によりウェブページ android-app://jp.naver.line.android/linecallback/... を読み込めませんでした。 net::ERR_UNKNOWN_URL_SCHEME」エラーになってしまうなどの問題が発生しています。

これらの問題は「公式アカウントの利用条件に同意してください」の表示にブラウザが利用されることが原因のようです(古いバージョンのAndroidだと処理が違っておかしくなる?)。

ブラウザでその画面を開き、必要であればログインした上で同意することで、この問題が解決される可能性があります。それができない・失敗する場合は、LINE運営に問い合わせてみるようにしてください。

一瞬、着せかえが元に戻る

着せかえの適用中、トーク画面を開こうとすると、一瞬着せかえが「基本」に戻った状態で表示されるという不具合です。こちらも、一つ前のブラウザが起動してしまう問題と関連していそうです。

トークの吹き出しの下に謎の空白・隙間が表示される

トーク画面の吹き出しの下の部分に、余計なスペースが表示されてしまいます。

文字サイズを「小さい」に設定している際に、吹き出し表示のデザインの問題で、吹き出しの内側下の部分に余計な余白が含まれてしまうようです(逆に、文字が上のほうに寄っている、という解釈も出来る状態)。

ブラックの着せかえで、リンクURLの青文字が二重に表示される

ブラックの着せかえを適用中に、自分以外の人のトークの吹き出しに青色で表示されるはずのURLリンクの文字が二重にダブって表示され、文字がブレているように見えてしまいます。

Touch ID(指紋認証)が突然表示される

LINEアプリを終了しようとしたときなど、通常とは異なるタイミングでTouch ID機能(指紋認証機能)のポップアップが表示されてしまう場合があります。

文字入力ができない・通知が来ない・電話が切れる

以前から報告のある不具合も継続しているものについて、不満の声が上がっています。

iPhone版LINEの不具合情報まとめ

以下、iPhone版LINEの不具合情報です。

通知が来なくなった

LINEを開かないと通知が届かない、というユーザーが目立ちます。対策などについては「iPhone版LINE 7.5.0アップデートで「通知が来ない」不具合発生中」を参考にしてください。

YouTubeのURLを載せたトーク履歴が開けない・消えた

今回のバージョンアップで、YouTubeのURLを載せるとサムネイル表示される機能が増えました。

しかし、YouTubeのURLを含んだトークのあるトーク履歴(トークルーム)が開けなくなり、アプリが落ちやすくなるなどの問題が発生している模様です。

過去バージョン

問い合わせ方法

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿