情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter】「注意:プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」エラーの対策について

iPhone (890) Twitter (148) Twitter-エラー (4)

3月頃より、Twitterの規制が厳しくなりました。そのひとつがiPhone版アプリの17歳制限であり、その他、「アカウントの凍結」までは行かないけれど、その内容がいきなり表示されないように1画面挟むような制限がいくつか導入されています。

そのうちのひとつが今回紹介する「注意:プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです[設定を変更]」というエラーです。

このエラーと対策について紹介します。

最近導入されたTwitterの規制

最近導入されたTwitterの規制には、以下があります。

「注意:プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです」エラー

今回注目したいのは、プロフィールに表示される次のエラーです:

注意: プロフィールに不適切な内容が含まれている可能性のあるアカウントです

表示するには、不適切な内容を含むメディアに関する設定を変更します。これは、アカウントの[プライバシーとセキュリティ]設定の[セキュリティ]セクションにあります。

[設定を変更]

「適切な内容が含まれている可能性のあるツイートです」と対策は同じ

実はこのエラー、以前紹介した、「適切な内容が含まれている可能性のあるツイートです」というツイートが見られないエラーのプロフィール版となっています。

どちらも、設定を変更しないと、その中身を表示できない仕組みになっています。また、その設定が難しい(設定を探しても見つからない)という問題があります。

対策

その対策手順は、「設定を変更」をタップして、Safariブラウザから設定画面を開いて、「プライバシーとセキュリティ」にある「不適切な内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」というものです。

この対策手順の紹介は、こちらの画像付き解説を参考にしてください。

関連記事

コメント(0)

新しいコメントを投稿