情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter】デザインが突然変更され丸アイコンに→「元に戻したい」などの声が急増中(2017年6月16日変更)

Twitter (158) Twitter-アップデート (3)

本日、Twitterのデザインが大幅に変更されました。突然iPhone版アプリやパソコン版Twitterなどで変更が適用され、全体的に丸みを帯びたデザインとなり、ユーザーのアイコン画像(トプ画)も、丸く円形になりました。フォント(字体)も変更されています。

今回のこれらの変更に対して現在、「前の方が良かった」「元に戻したい」などの声が上がっています。これらについて、ユーザーの反応および、疑問点についてまとめておきます。

デザインが大幅変更

本日、TweetDeckのデザイン変更が話題になっていましたが、Twitterアプリやブラウザ版Twitterについても、デザイン変更が実施された模様です。

全体的に丸みを帯びたデザインのUIに変更されており、細かいアイコンの変化や、ユーザーのトプ画が円形になるなど、いろいろな場所が一斉に変更されています。

iPhone版Twitterは、最新版の7.0からデザイン変更が適用されており、「アップデートししたらデザインが変わった」というユーザーも多いようです。

iPhone版Twitter最新版のアップデート内容一覧はこちら:

バージョン 7.0 の新機能
Twitterの外観が新しくなり、「いま」起きていることや話題のトピックをもっと簡単に確認できるようになります。
- 新しいサイドナビゲーションメニューでは、プロフィール、アカウント、設定、プライバシーすべてにすぐアクセスできます。
- ヘッドラインがより目立つようになり、アプリ全体が丸みを帯びたデザインになったため、重要なことを見分けやすくなりました。
- 記事やウェブサイトのリンクがSafariのアプリ内ビューアーで開くようになりました。細かい管理やサインインしているアカウントの切り替えが簡単になり、読書モードを使うことができます。
- アイコンが新しくなってより直感的になったため、Twitterで起きていることをもっと簡単に見つけて参加できるようになりました。
- 返信、リツイート、いいねがあるとツイートがすぐに更新され、会話をリアルタイムで確認できるようになりました。
- アクセシビリティの設定が目立つ場所に配置されました。[色のコントラストを高める] や [リンクをリーダー表示で開く] など、ウェブサイトの読みやすくするための新しい設定も追加されました。 引用元

「前の方が良かった」

現状、多くのユーザーからの「前の方が良かった」という声が目立っています。特にアイコンが丸くなった点に対する不満は大きいようです。

これは、LINEアプリのアイコンが変わった頃を思い出します(2年以上前のことです)。

「元に戻したい」「元に戻す方法はないの」

元に戻したいというユーザーも多くいるようですが、今回のデザイン変更は正式な変更適用であるため、プレビュー版とは異なり、元に戻すための設定は用意されていない模様です。

「そんなヒマがあったら、通知など他のところをなおして欲しい」

また、批判する文章で特に多いのが、デザイン変更なんてやっていないで、不具合をなおして欲しい・別の所を変えて欲しい、というものです。

同時に、「他人のいいねがタイムラインに表示される」ことに対する批判の多さがよく分かります。

「正方形用にアイコンを作ったのに」

「突然すぎる」「予告がない」「選択の余地がない」

「かわいい」などの好意的な意見も

好意的な意見もそれなりに多く、具体的な表現としては、「かわいい」が最も目立っています。

「まだ変わっていない」

現在、iPhone版Twitter 7.0(最新版)にアップデートしても、まだアイコンが丸くなっていないユーザーも多いようです。

最新版にしてもまだデザインが新しくならない、という場合は、LINEアプリの再起動もしくは、本体の再起動を行ってみてください。新しいデザインが読み込まれるようになる場合があります(私のiPhoneでも、アプリの再起動後に新しいデザインに変わりました)。

新しいデザインについての正式告知

新しいデザインに変更されたことについての告知は、「Check out our new look!」に書かれています。

デザインを元に戻す方法についての補足

丸いアイコン画像含め、丸みを帯びたデザインにするためには、CSSで「border-radius: 50%;」などが使われているようです。そのため、このborder-radiusをChrome拡張などから上書きしてあげることで、手元で元に戻すことは可能です(画像がサーバー上で丸く切り抜かれてしまっているわけではないので)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿