LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE 7.6.0アップデートの不具合情報・評判まとめ(2017年6月26日リリース)

LINE (1226) LINE 7.6.0 (iPhone) (2) LINE-iPhone (318) LINE-アップデート (104)

本日iPhone版LINE 7.6.0アップデートが公開され、トークルーム内の履歴を検索できる機能が付くなどの更新がありました。

今回のアップデートを行ってから、「LINEが開けない」「アップデートが終わらない」など、不具合報告が増えています。この状況についてまとめておきます。

アップデート内容

今回のアップデートの「新機能」は、以下の通りです。1点のみ、記載があります。

トークルーム上部のVメニューに、メッセージ検索機能を追加

「トーク検索」できる機能が人気です。カレンダーで日付を指定して、その日のトークを表示することもできます。詳細:【LINE】新機能「トーク検索」の使い方

不具合情報まとめ

LINEアップデート後の不具合情報について。

アップデートが完了しない・終わらない・時間がかかる

アップデートが完了せず、LINEが使えないままになってしまうユーザーが、今回のアップデートではかなり多いようです。

今回のアップデートでは、トークに新しい検索機能が追加された影響で、アップデート後の「データをアップデートしています」が重たくなるなどの特別な背景が考えられます(インデックスの構築、データのコンバートなど)。

アップデート中に送受信ができないことや、アップデートの開始によりトークが強制切断されて復帰できないなど、アップデートが長いことの影響でLINEが使えない(連絡が取れない)状態が続くことになってしまうため、アップデートの自動実行を停止した上で、深夜に手動アップデートするのがおすすめです。次回Wi-Fiに接続して突然アップデートが始まってしまう前に、自動アップデート機能はオフにすることをおすすめします。

この問題が発生した場合は、かなり長時間かかるケースもありますが、無理に使おうとせずにアップデートの完了を待つようにしてみてください(データ破損・トーク履歴が消えるなどの危険)。かなり時間がかかったものの、正常に終了するケースは多いです。

今後同じ問題が発生しないようにするために(アップデート時にまたされずに済むように)、消えても良いトーク履歴の削除を行っておくことをおすすめします(彼氏・彼女とのトークだけ残してその他すべてを消す、など)。運営会社のサーバーにデータが蓄積されていくツイッターのツイートのような仕組みとは異なり、LINEでは、スマホ本体にトーク履歴が蓄積されていくため、簡単に限界が来ます。

アップデートしたらアプリが開けない

似たケースとして、アップデートしたところ、アプリが開けなくなった、という報告も多いです(症状としては「終わらない」のケースと同じものが多数ある模様)。

トーク履歴が消えた・一部が消えた

同時に増えているのが、トーク履歴が消えた、系の不具合です。

新機能のトーク検索機能はかなりの好評価

これらのような不具合報告がある一方で、今回のトーク履歴検索機能はかなりの好評価を得ています。そのため、不具合を恐れてアップデートを全くしない、というのは少しもったいないかもしれません。

とはいうものの、やはり不具合に巻き込まれることを極力避けるべく、トーク履歴を消したり、空き容量をしっかり確保する、iOSは最新版にする(古いままにしない)など、アップデート前の事前準備をおすすめします。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿