情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhoneウイルス感染「お使いのApple iPhone(6)個のウイルスにより深刻に破損しています」エラーに注意

iPhone (1111) ウイルス (16)

現在、iPhoneのSafariの利用中に「お使いのApple iPhone(6)個のウイルスに感染しました」というポップアップが表示されたり、「お使いのApple iPhone(6)個のウイルスにより深刻に破損しています」という警告ページが表示されるユーザーが増えています。

「本当にウイルスに感染したの?」「iPhoneにウイルスはないって聞いたんだけど本当?」「詐欺なの?」などなどの疑問を持つiPhone利用者も多いようなので、ここでこのポップアップ表示からの一連の流れについて、説明します。

ポップアップが表示される

リンクを開いたり、ウェブページを閲覧している最中に、突然次のポップアップが表示されるユーザーが増えています。その際、ピーピー音が鳴ったり、バイブが振動したりする場合があります。

お使いのApple iPhone(6)個のウイルスに感染しました。

直ちに解決しない場合、ウイルスにより携帯電話はクラッシュし、SIMカードが破損し、すべての連絡先が削除されます。

下記の手順に従い、ウイルスを除去してください。

[閉じる]

警告ページ

そのポップアップを閉じると、次の「App Store」警告ページが表示されます(アドレスバーは「speedeeapps.site」表示)。

App Store
警告!

お使いのApple iPhoneは、 (6)個のウィルスにより深刻に破損しています!

お使いのMobile Safariで最近の危険なウェブサイトを閲覧中に、ブラウザトロイの木馬ウイルスに感染し損傷(45.4%)したことが検知されました。

ーションなどの大切なデータへの感染の拡大を回避するには、直ちに行動することが必要です。Facebookのアカウント、Whatsappのメッセージ、写真および個人用アプリケ

段階を追ってわずか数秒で解決する方法は、以下の通りです:

ステップ1:ウイルスを削除をタップして、推奨されたTwitterアプリケーションをApp Storeからインストールしてください。

ステップ2:アプリケーションを開いて、最新のアップデートをアクティブ化し、感染したアプリケーションおよびファイルをすべて除去してください。
[ウイルスを削除]

この通り内容としては、対策アプリをインストールするように指示されるのが特徴です。

無視しても大丈夫?

このエラー表示は、以前からiPhoneおよびAndroidスマートフォンで表示されることが増えている、ウイルス感染に見せかけて、対策アプリをインストールさせようとする、ウイルス感染型「広告」です

「アプリをインストールさせるとお金が貰える」という広告の仕組みがあり、効率よくインストールを強制するために、ウイルスに感染したと不安を煽るわけです(あくまで広告なので、「インストールさせられるアプリにウイルスが入っている!」というような「怪しいアプリを入れさせられる」という話とはまた独立しています)。

そのため、このウイルス感染ページには、App Storeと書かれていますが、もちろんApple社が公式に表示しているものではなく、無視して問題ありません

あまりに頻繁に表示される場合は

あまりに何度も表示される、という場合は、表示される直前に閲覧しているサイトに原因がある場合があるので、それらのサイトの利用を控えるなどの対策をした方がよいかと思います。また、無料音楽アプリや無料ダウンロード系のアプリなどが原因になっているケースなども考えられるため、最近インストールした怪しいアプリをアンインストールしてみる、などの対策も検討してみてください。

類似のウイルス感染警告について

他のパターンも参考にして、同じようなウイルス感染型広告に騙されてしまわないように注意してください。

「Appleセキュリティ」というページに「緊急の対応が必要です!」「ご利用の 上で(3)個のウイルスが検出されました!」「ご利用の がウイルスに感染したことを検知しました。対応しなかった場合、近日中にiCloudデータ、写真および連絡先の破損を引き起こします。今すぐ の保護が必要です!」などが表示されるパターンも現れています(2017年7月16日追記)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About