LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE 7.7.0アップデートで「タイムラインが見にくい」の声が急増中(2017年7月11日リリース)

LINE (1159) LINE 7.7.0 (iPhone) (3) LINE-iPhone (290)

本日2017年7月11日、iPhone版LINEの最新版LINE 7.7.0アップデートが公開されました。このアップデートについては、「タイムラインが見にくい」「使いにくい」などの声が急増しています。

今回のアップデートで特に注目されているのは「タイムラインの境目が消えた」という変更です。

LINE 7.7.0 アップデート

LINE 7.7.0のアップデート内容は次の通りです。

バージョン 7.7.0 の新機能
・タイムラインのデザイン改善
- 変更されたプロフィール画像の投稿とURLを含む投稿のデザインを刷新しました
- スタンプ投稿時、背景色が自動的に追加されるようになりました 引用元

この通り、タイムラインのデザインが大幅に変更されています

タイムラインの境界線が分かりにくい

このアップデートでは、タイムラインの境界線が分かりにくくなったり、画像の表示のされ方(周囲にぼかし表示)の変化が目立ちます。

実際の境目は、次の画像のような単なる空白となっています:

今まではタイムラインの投稿ひとつひとつが立体的なカードとして表示され、「境目」「溝」として、グレーの線が入っていました

アップデートに「見にくい」「使いにくい」の声

前回のアップデートLINE 7.6.0は、トーク検索機能が追加され、非常に評判が良いアップデートでした。

それと比較すると、今回のLINE 7.7.0アップデートは、かなりネガティブな声が多くなっています。

区切り線が消えたことについて

区切り線が消えたことで、投稿と投稿の境目が単純に分かりにくくなり、どこからどこまででひとかたまりなのかが把握しにくく、だいぶ見にくくなりました。

画像の表示について

また、画像の表示方法が大きく変更され、今までとの違いが目立ちます。

見た目については今後追加修正も

このタイプの見た目の変更は、最初のリリース後、微修正が入っていくものと思われます。

既にアップデート済みの場合は、今後のアップデートおよび、アプリアップデート不要の修正に期待して利用することになります。

アプリのダウングレード(アップデート前に戻す作業)に挑戦することはおすすめしません。

急いでアップデートする必要はなさそう

現状、変更はタイムラインの見た目についてであり、タイムラインを普段使わないのであれば、影響そのものが小さいアップデートです。また、LINEアプリ本体のサイズも大きく、特にWi-Fiが使えない状態のユーザーや、トーク履歴が大量に溜まっているユーザーの場合はアップデートに時間がかかってしまうケースもあるため、今回少なくとも急いでアップデートすることはなさそうです。安定したWi-Fi回線で落ち着いてアップデート作業を行うようにしてください(これは普段からそうすることをおすすめします)。

関連

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿