情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

PGOサーチ(ピゴサ)閉鎖の「原因」と「TPCi」とは

P-GO SEARCH (30) ポケモンGO (206)

ポケモンGO用の地図アプリ「P-GO SEARCH(ピゴサ)」が、7月23日に閉鎖されます。その原因が公開されました。

その原因と、原因の説明に登場する「TPCi」という単語の意味について説明します。

ピゴサ閉鎖の原因

ピゴサ閉鎖の理由について、公式ページに以下の通り追加で記載されています。

≪ピゴサ閉鎖に伴うQ&A≫

Q. なぜ閉鎖するのですか?
A. TPCiからの要請に従うためです。 引用元

この通り、閉鎖の原因は「TPCiからの要請」とはっきり書かれています。

ただし、このページのどこにも「TPCi」が何の略であるかは書かれていません。

TPCiとは

「TPCi」とは、「The Pokémon Company International」の略です。

「I」が小文字なのが気になるかもしれませんが、「The Pokémon Company International」自身も、以下の通り自社のことを「TPCi」と略した文章を書いています。

The Pokémon Company International (TPCi) may occasionally contact Professors to assist in player or venue investigations. 引用元

The Pokémon Company Internationalとは

そしてその「The Pokémon Company International」とは、ポケットモンスターのゲーム自体のプロデュースや、キャラクターグッズの販売を行う「株式会社ポケモン」の、アジア地域以外の事業を行う、海外子会社です。

つまり、「ポケモンGOの運営側(権利元)からの要請」が、ピゴサ閉鎖の原因、と解釈すれば良さそうです。

ピゴサ以外のアプリにも

ピゴサ閉鎖に伴って、ピゴサの代わりに使えるアプリを探すユーザーが増えています。

そんな中注目されているのが「1秒マップ for ポケモンGO」や、配信予定の「1秒マップ for android」ですが、これらのアプリも今後TPCiからの要請により閉鎖されることが予想されます。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿