LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINE6.0.0未満のバージョンは、もうすぐ利用できなくなります」強制アップデート通知が久しぶりに表示

LINE (1210) LINE 6.0.0 (iPhone) (4) LINE-iPhone (311) LINE-アップデート (104)

LINEは古いバージョンを使い続けるユーザーが多いアプリです。未だに四角いアイコンのLINEアプリを使い続けているユーザーもいます。そんな中、久しぶりにLINEが「強制アップデート」を実施するようです。対象者は、バージョン6.0.0以前のLINEアプリを使っているユーザーです。アップデートを実施してください。

※【最新情報(2017年9月19日15時ごろ)】LINE 6.0.0未満のバージョンのサポートの終了が先ほど実施されました(詳細

「LINE6.0.0未満のバージョンは、もうすぐ利用できなくなります」通知

7月29日より表示されるようになったポップアップがこちらです。

アップデート

LINE6.0.0未満のバージョンは,もうすぐ利用できなくなります。最新バージョンにアップデートしてください。

「まもなくAndroid 4.0.2以前のバージョンからLINEが利用できなくなります」通知も表示へ(8月26日追記)

本日新しく、「まもなくAndroid 4.0.2以前のバージョンからLINEが利用できなくなります」と表示されるユーザーが増えています。詳細はこちら

通知の意味:強制アップデート

この通知の文章はとても運営よりの客観的な言い回しで、これが表示されたユーザー側目線では「今あなたが使っているLINEアプリはバージョンが古すぎるので、最新版にアップデートしてください」という意味です。

その対象者が「LINE6.0.0より古いLINEを使っている人」と表示されているのですが、これは結局のところ、「iPhone本体が古すぎてiOSバージョンも上げられず、LINE6.0.0より新しいバージョンにアップデートできない場合、そのiPhoneではLINEを使えなくなるよ」ということを意味しています。

このままアップデートしないでLINEを使い続けていると、突然使えなくなる可能性もあるため、今後もLINEアプリを使い続けるためには、最新版にLINEアプリをアップデートしてください。

最新版へのアップデート

LINEアプリを最新版にアップデートする手順と注意点はこちら

LINE 6.0.0

今回、ぎりぎりセーフなバージョンは「LINE 6.0.0」となりますが、このバージョンは、2016年3月24日にリリースされたバージョンです

つまり、1年4か月以上、アップデートも再インストールもせずに使い続けていたユーザーが、強制アップデートの対象です。滅多に強制アップデートをしない印象のLINEなので、かなり厳しいバージョン制限に感じます。

LINE 6.0.0と言えば、LINE Payカードの発行ができるようになったバージョンです(参考:LINE 6.0.0)。だいぶ昔の話ですね。

ちなみに、LINEアイコンが丸くなったのはLINE 5.0.0で、リリースは2015年2月なので、四角いアイコンを未だに使い続けているユーザーは、既に2年半以上アップデートしていなかったことになります。

最新版ではバックアップ機能も充実してきているので、アップデートした際には、いろいろと新機能について調べておくと良いかもしれません。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿