情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

P-GO SEARCH(ピゴサ)が「MagicalGO」として復活したと話題(2017年8月11日)

Android (421) iPhone (960) P-GO SEARCH (30) ポケモンGO (207) ポケモンGO-ポケモン地図 (47)

2017年8月11日現在、「ピゴサ復活」が話題となっています。先月23日に、ポケモンGO運営側の要請に基づき終了したポケモンサーチアプリ「P-GO SEARCH(ピゴサ)」でしたが、「MagicalGO(マジカルGO)」と名前を変えて、現在iPhone版アプリ、Androidスマホ版アプリ、Webサービスとして復活したと大きな話題となっています。この情報について。

P-GO SEARCH(ピゴサ)のサービス終了

最も人気の高かったポケモン地図アプリ「P-GO SEARCH(ピゴサ)」は、7月23日に完全にサービスを終了しました。現在もそのページを開くと、終了のお知らせのみが表示されます。

終了の原因は、ポケモンGO運営側からの要請とされています(詳細)。

その後は「1秒マップ」が人気となっていましたが、「ピゴサ」復活を望む声が後を絶ちませんでした。

ポケサーチアプリ「MagicalGO」としてピゴサが復活?

その騒動から半月ほどが経過した本日8月11日現在、「ピゴサと同じアプリがある」「MagicalGOが完全にピゴサ」「ピゴサが復活した」ということが話題になっています。

その話題のアプリ「MagicalGO(マジカルGO)」の画面がこちらです:

名前こそ異なりますが、ピゴサと同じものにしか見えないほど似ています。「Magical」や「星のマーク」は、ピゴサを連想させます。

利用方法も、ピゴサ同様となっています。

iPhone版・Androidスマホ版・PCサイト版が提供

既にiPhone版・Androidスマホ版、PCサイト版が提供されています。

iPhone向けのAppStore版:

Androidスマホ向けのGoogle Play版:

PCサイト版:

復活なのか、似たものなのか

あまりに似ていることや、Android版・iPhone版・PC版がすべてまとめて既にリリースされていることから、素直には、「名前をMagicalGOに変えて再度リリースした」ように見えます。

しかし今のところ、ピゴサの運営Twitterアカウントなどからの告知などはなく、はっきりしたことは分かりません

このあたりについてのひとつヒントとして、アプリの説明文に「ピゴサ」への言及がありました。

Google Playストアにはアプリの説明があります:

主な機能
◆広い範囲の充実したデータ
◆消滅までの残り時間や所要時間の表示
◆個体値/保有技等の表示機能
◆出現履歴機能
◆ジムレイドの出現個体、実施スケジュール、レベル表示機能
◆ジムの場所や占有チーム、空き枠の表示機能
◆ストップの場所やルアー残り時間表示機能
◆ポケソース表示機能
◇プッシュ通知での出現速報、ジム速報、レイド速報
◇アイコンや種族名のカスタマイズ機能
・フィルタリングやマーク機能
・GPSで現在位置の表示
・出現情報のSNS共有
・地点やジムのお気に入り機能
・キーワードからの地点ジャンプ機能
・全設定のクラウド保存と復元機能
・クラウド経由でのリアルタイムな新機能の追加(アプリ更新不要)
・何度でも甦る

※ピゴサ(P-GO SEARCH)と100%互換のUIで実装しています引用元

ここで注目すべきは一番最後の行で、ここに「ピゴサ」が言及されています。

「互換のUI」と書かれているだけでは同じ開発者が作ったアプリなのかどうか判別がつきませんが、UIが極めて似ているという意味での関連性を強力に隠そうとしているわけではないようです。またその直前の行には「何度でも蘇る」という記載があり、これはアプリの機能で当てはまるものがなさそうなので、「ピゴサは何度でも蘇る」、つまり「MagicalGOとして蘇った」ことを暗示するような文章となっています。

今のところ謎が多い

この通り、今のところ謎の多いアプリですが、本日突然「ピゴサ復活」と話題になっており、これから利用者が急増しそうなアプリです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿