情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Gmail登録「このユーザー名は使用できません。別のユーザー名を選択してください」エラーについてメモ

Gmail (21) Google (42)

Gmailの新規アカウント作成でユーザー名(メールアドレス)を決める際に「このユーザー名は使用できません。別のユーザー名を選択してください」エラーが出てしまった件についてメモ。「このユーザー名は既に使用されています。別のユーザー名を選択してください」という既に使われていますエラーとも別なのがポイントでした。

「このユーザー名は使用できません。別のユーザー名を選択してください」エラー

新しくGoogleアカウント(Gmailアカウント)を作成する際に、ユーザー名(@gmail.comより前の部分)を入力するステップがあります。

その画面で「次へ」をタップして確定するはずが、入力した「ユーザー名」について次のエラーが出てしまい、失敗してしまいました。

このユーザー名は使用できません。別のユーザー名を選択してください

既に使われていますエラーとは別

このエラーメッセージには、ありがちな「既に使われています」という要素が含まれていません。ただただ理由なしに「使用できません」と指摘するのみです。

そこで試しに既に使われている別のユーザー名を入力してみると、別のエラーが表示されました。

このユーザー名は既に使用されています。別のユーザー名を選択してください。

つまり、どうやら先ほどの「このユーザー名は使用できません」エラーは、「既に使われているから設定できない」というのとは別の原因がありそう、ということが分かりました。

Gmailに使えるユーザー名

そこで一度、利用可能なユーザー名についてGmailのヘルプを確認してみると、以下の制限が書かれていました(ここに書かれていないものもあるはず。まずここには利用できる文字が説明されていない):

リクエストしたユーザー名が次の条件に当てはまる場合は、Gmail アドレスを取得できません。

すでに使用されている
既存のユーザー名と酷似している(たとえば、example@gmail.com がすでにある場合、examp1e@gmail.com を使用することはできません)
過去に他のユーザーが使用していて、その後削除されたユーザー名
迷惑メールや不正行為を防止するために Google が留保しているユーザー名 引用元

代表的な「すでに使用されている」パターンとは別に「酷似している」パターンと「削除済みパターン」および「迷惑メール・不正行為の原因になりかねない」パターンがあることが分かりました。

迷惑メール・不正行為防止パターンか

実は先ほどのエラーが出て作成できなかったメールアドレスには、「youtube」という単語が入っていました。そこから連想するにどうやら、Googleのサービス名を入れると、Googleのなりすましをしやすくしてしまう可能性があり、この点で「迷惑メール・不正行為防止」というフィルタが発動し、「使用できません」エラーが発生したものと思われました。

その他youtubeという名前が入ったメールアドレスを別パターンで試してみても同じエラーが出ましたが、その単語を削除した途端、うまく行くようになりました。

このような細かいパターンがまとめて「このユーザー名は使用できません」という「その他扱い」的なエラーメッセージになってしまうようです。

利用できない文字のパターンとGmailのメールアドレスに利用できる文字について

別のパターンも試してみたのですが、例えばメールアドレスに漢字やひらがなを入れようとすると、「アルファベット(a-z)、数字(0-9)、およびピリオド(.)のみが使用できます」エラーになりました。

また、定番の禁止されているメールアドレスである、「@マークの直前の文字(ユーザー名の最後の文字)がピリオド(.)のパターン」を試してみると、それはまた別の「ユーザー名の最後の文字は、ASCII文字(a-z)または数字(0-9)にする必要があります」というエラーになりました。

(※先ほどはa-zのことを「アルファベット」と読んでいましたが、ここでは「ASCII文字」と表現されている点が少し気になります。)

結論

このユーザー名は使用できません。別のユーザー名を選択してください」エラーが出てしまった場合は、「既に使われている」という原因にとらわれず、「特定の使ってはいけない単語が含まれているのではないか」という点に気を配りながら設定可能なメールアドレスを探してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿