LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEのQRコードが「該当するユーザーが見つかりませんでした」エラーになる原因と対策

LINE (1251) LINE-QRコード (7) LINE-URL (7)

LINEの友だち追加用のQRコードを読み込んでみたら「該当するユーザーが見つかりませんでした」エラーになってしまって、友だち追加ができない、そんな場合の原因と対策について紹介します。

QRコードの読み込みエラー

LINEのQRコードを読み込んだ際に、次のエラーになる場合があります。

目の前でLINEアプリを使ってQRコードを表示してもらっている場合にこのエラーが出ることはほとんどないと思いますが、Twitterに掲載されているQRコードを読み込もうとしたり、QRコードの画像を送って貰ったときなどに発生しがちです。また特に、LINEのデータが消えてしまって、昔受け取っていた古いQRコードから友だちを元に戻そうとした場合などにも発生しがちです。

原因

このエラーが出てしまう原因は、そのアカウントが既に消えてしまっているか、そのQRコードの無効化処理がされており、既に使えなくなってしまっていることが考えられます。

QRコードは、一度発行してそれが流出してしまっても、「設定>プライバシー管理>QRコードを更新」から、そのQRコードを無効化して、そのQRコードからそれ以上友達追加出来ないようにすることができます。この処理が既に行われたQRコードで友だち追加をしようとすると、上記のエラーになりがちです。

最近増加している迷惑LINEの対策としても「QRコードを無効化する」ことは頻繁に行われているため、以前受け取ったQRコードが既に利用できない状態になっている、ということは少なくありません。

対策

既に手元にあるQRコードは利用できないため、再度QRコードを送って貰う(見せてもらう)か、ふるふるやLINE ID、電話番号検索など、別の手段での友だち追加を試してみてください。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿