情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitterの「利用規約の更新(新しい利用規約は10月2日から有効です)」どうすればいいの?について

Twitter (156) Twitter-iPhone (15) 利用規約 (12)

本日、Twitterアプリを開いた際に、「利用規約の更新」「新しい利用規約は10月2日から有効です」「今すぐ確認する」という青いメッセージが突然表示されて、「どうすればいいの」「これをやらないとどうなるの」「更新のやり方は?」など、この表示の意味が分からなかったり、何か作業を始めないと行けない、と感じるユーザーが多いようです。

そこでこの表示について説明します。

Twitter「利用規約の更新」表示

今回アプリ上に表示されているのは、次の表示です。

利用規約の更新
新しい利用規約は10月2日から有効です。
[今すぐ確認する]

これを見て、「どういう意味?」「このままにしておくとどうなるの?」などと疑問に思う人も増えています。

利用規約が変わることを予告しているだけ

この表示は、あくまで利用規約が10月2日に新しくなることを予告しているに過ぎません。

バツで閉じても、「今すぐ確認する」をタップして新しい利用規約がどんな利用規約なのか内容を読みに行っても、アカウントが使えなくなったりするわけではありません。

10月2日以降、利用規約の変更内容を知らないまま使い続けるか、あらかじめ把握しておくか、の違いが発生するのみです。もちろん、10月2日以降も使い続けるか、利用を止めるか、は別途考えることができます。特にここで何もしなくても、引き続きTwitterを利用し続けることも可能です

新しい利用規約が表示される

「今すぐ確認する」をタップして何が起こるのかといえば、次の利用規約ページが開くのみです。

閉じてしまった場合は

もし、「今すぐ確認する」をタップせずに閉じてしまったり、表示が消えてしまった、という場合は次のリンクからも、10月2日に効力が生じる新しい利用規約を読むことができるので、そちらから読んでみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿