情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone 8/iPhone X】「イヤホンジャックがないからイヤホンは無線しか使えないの?」問題と注意点

AirPods (4) iPhone (1065) iPhone 7 (83) iPhone 8 (69) iPhone 8 Plus (65) iPhone X (97)

本日発表された新型iPhone「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」にイヤホンジャックがないことが話題となっています。

実はiPhone 7からすでにイヤホンジャックは廃止されており、その頃からこの話題は起こっていたのですが、iPhone 8 / 8 Plus / X で状況が変わった部分もあるので、ここで改めて紹介します。

イヤホンジャックがなくても接続する変換ケーブルがある

iPhone 7でイヤホンジャックが廃止されたことに続いて、iPhone 8・iPhone 8 Plus・iPhone Xでも、イヤホンジャックは搭載されませんでした。

しかし、専用の変換ケーブル(Lightning-3.5mmヘッドホンジャックアダプタ)を利用することで、イヤホンを接続することは可能です。

実際に利用すると、次の画像のように接続されます(画像はiPhone 7 Plus):

参考:変換ケーブルを利用してイヤホンを接続する手順

今回発表された新型iPhoneについても、仕様を確認したところ、同梱物にちゃんと変換ケーブルが含まれることが確認できました。まだAppleも、「有線なんて古いから気にすることないよ」という事態にはなっていないようです。

注意:無線イヤホンが同梱するわけではない

一方で、有線がやりにくくなった代わりに無線のイヤホンが同梱されるわけでもありません。同梱されるのは、変換アダプタ無しで直接Lightningコネクタ(充電コネクタ)に接続して使える「EarPods with Lightning Connector」というイヤホンです。

差し込み口が充電と一緒なので充電が困る

しかし変換ケーブルを使ってイヤホンを接続しまうと、差し込む先が充電ケーブルと共通なので、充電中はイヤホンが使えない、イヤホンを使っている最中は充電できないという問題が発生します。これはiPhone 7でも大きな問題と言われてしました。

新型iPhoneの「ワイヤレス充電」が役立つ?

これについて、今回iPhone 8/iPhone Xに搭載されるワイヤレス充電があれば接続する必要がないので解決する、との意見があります。これはiPhone 7のときとは違う状況です。

しかしここで注意なのですが、ワイヤレス充電は、あくまで専用のマットの上に乗せる必要があります。いわゆる、充電スタンドと同じような状態です。そのため、充電したままイヤホンを接続できる場合とそうでない場合に分かれます。注意してください。

例えば、机で作業中は大丈夫かも知れません。しかし、ベッドで寝っ転がりながらだったり、音楽ゲームをしながらは難しいかも知れません。

参考:ワイヤレス充電の誤解についてはこちら

iPhone 8 の予約購入手続きについて

iPhone 8 の予約が開始されています。予約購入の手続きについてはこちらから:

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿