情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「iPhone 8 / iPhone Xにはローズゴールドがない」の声と新しいゴールドについての注意点

iPhone (960) iPhone 7 (77) iPhone 8 (48) iPhone 8 Plus (45) iPhone X (38)

本日発表されたiPhone 8 と iPhone X ではなく、型落ちして値下がりすると予想してiPhone 7を買うことに決めた理由として、ローズゴールドが選べないという点が挙げられるパターンが目立っています。

しかしこの「ゴールドはあるのにローズゴールドはない」という点には注意点があるので、紹介します。

iPhone 8 / iPhone X にはローズゴールドがない問題

iPhone 7 / iPhone 7 Plus には、「ブラック」「ジェットブラック」「シルバー」「ゴールド」「ローズゴールド」の5色がありました。

一方、本日発表された新型iPhoneであるiPhone 8 / iPhone 8 Plus には「スペースグレイ」「シルバー」「ゴールド」、iPhone X には「スペースグレイ」「シルバー」しか用意されていません。

このカラーバリエーションの変更について特に「ローズゴールドがなくなった」という点が注目されており、ローズゴールドが欲しかった人はiPhone 7を買うことに決める、というケースも目立っています。

iPhone 8 のゴールドが今までの色と違う

しかし、公式サイトでiPhone 7のゴールド・ローズゴールドと、iPhone 8のゴールドを見比べてみて欲しいのですが、iPhone 8のゴールドは、iPhone 7のゴールドとローズゴールドの中間色のように見えます。むしろどちらかといえばだいぶローズゴールドを意識させる色に見えます。

発表会でも、「silver, space gray and a new beautiful gold finish」と、新しいゴールドと表現されていました(ただし、ウェブサイト上の色の名前は「ゴールド」のまま)。

実際、発表会の会場で既に実物を手にして確認した記者などからも、ゴールドの色が今までと違う、との声が上がっています。

購入前にiPhone 8のゴールドを要確認

そのため、ローズゴールドがないからとiPhone 8を諦めようとしている人も、逆にゴールドがあるからゴールドにしようと思っている人も、実物を見て、iPhone 8のゴールドが、思った通りのゴールドか、友だちの使っているゴールドと別物なのではないか、あたりを確認してから購入した方が良さそうです。注意してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿