情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS11(iPhone 8 / iPhone X)で使えなくなるアプリを確認する方法(32bitアプリを確認する手順)

iOS 11 (120) iPhone (1065) iPhone 8 (69) iPhone X (97)

はじめからiOS11が搭載された状態で販売される「iPhone 8 / 8 Plus」や「iPhone X」、iOS11へのソフトウェアアップデート後のiPhoneでは、iOS10では利用できていた32bitアプリが利用できなくなります

この「使えなくなるアプリ(64bit非対応の32bitアプリ)」は、iPhoneの設定画面で確認することができるので、その手順を紹介します。

32bit版アプリが使えなくなる告知

32bit版アプリがiOS11では起動できなくなることについては、以下の通りAppleより告知されています。

Support for 32-bit apps is not available in iOS 11 and all 32-bit apps previously installed on a user’s device will not launch. 引用元

使えなくなるアプリの確認手順

iPhoneの「設定」アプリを開いて、「一般」→「情報」→「App」の順に開いてみてください。

すると、「App互換性」というページが表示されます

ここに表示されているアプリケーションは、インストール済みの32bitアプリ=iOS11では動作しないアプリなのでアップデートが必要ですが、「アップデートはありません」の一覧にあるアプリは、その「iOS11で動作する(可能性のある)アップデート」が提供されていない状態です。

そのため、今後アプリ開発者側のアップデートが新しく提供されない限り、iOS11の端末でそのアプリを利用することはできなくなります。

後継アプリを確認

アプリによっては、新しく後継となる(別名の)アプリが提供されている場合があるので、検索してみてください。

たとえば画像にある「Office Mobile」はアップデートが提供されていませんが、現在既に「Word」「Excel」「PowerPoint」「Outlook」「OneNote」など、Officeの各アプリケーションは独立したiPhoneアプリとして提供が開始されています。

「App Storeにありません」と表示される場合

アプリ名をタップして「“Office Mobile”はApp Storeにありません。このApppは現在ストアにありません。詳しくは、Appの開発元にお問い合わせください」のように表示される場合は、すでにアップデートだけでなく、ダウンロード・インストール自体も出来ない状態になっているアプリです。

公式サイト等が確認できる場合は、開発元に問い合わせるか、同じ目的に利用できる別のアプリを検索しておくなどして、iOS11アップデートのリリースや、新型iPhoneの発売に備えるようにしてみてください。

32bitアプリ以外にも動かないアプリが発生する

今回は32bitアプリという具体的に動かなくなるアプリが存在する一方で、今回も「iOS11にアップデートしたら動作が不安定になった、表示がうまく行かなくなった」など、単純な「iOS 11に対応していない(iOS11未対応)」というパターンも発生する見込みです。

少なくとも現時点でパズドラやパズドラレーダーがiOS11への対応状況について発表しており、パズドラレーダーはiOS11リリース時点では動作しないため、今後のアップデートを待つように、とされています。

重要なアプリについてはiOS11リリース後、iOS11で正常動作しているかの評判を調べたり、公式サイトを確認するなどを行ってから、iOS11へバージョンアップすることをお勧めします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿