情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「台風/大雨/強風の影響でWi-Fiがつながらない・重い・使えない」障害なんて起こるの?

Wi-Fi (19) 台風 (2) 大雨 (1) 強風 (1)

本日、台風18号に伴う大雨や強風の影響が大きくなっています。その中で、「台風のせいか、Wi-Fiがつながらない」という問題がよく言及されています。

しかしこれについて、「台風の影響でWi-Fiがつながりにくくなることなんてあるの?」と疑問に思うユーザーも少なくないようです。

「雨の影響で電波がつながりにくくなる」という話は確かに以前より言われているのですが、実際にWi-Fiサービスを提供している会社の公式情報に、関連する記述がないか探してみたので、その結果をメモします。参考にしてみてください。

「台風の影響でWi-Fiが」の声

例えばTwitterでは、台風の影響でWi-Fiが使えなくなった、との声が多数あがっています。

※「Wi-Fi」と言ったとき、そのWi-Fi接続の先がどういう構成なのか、いろいろなパターンがあるので注意(ポケットWi-Fi的なパターンもあれば、無線LANルーターを光回線に接続しているパターンも)

公式情報を探してみる

「本当に台風の影響なんてあるの?」と思う人向けに、台風や大雨など悪天候の影響でWi-Fiの接続に問題が出るケースについて、Wi-Fiを取り扱う会社でどのように言及されているかを探してみました。

UQ WWiMAXの公式ページに、ちょうど台風18号によるサービス影響が記載されていました。

WiMAX・WiMAX2+通信障害(台風18号によるサービス影響)

内容
現在、以下の対象エリアにおいて、一部のお客様でWiMAXへの接続がしづらくなっております。

対象エリア
大分県大分市の一部エリア
大分県津久見市の一部エリア
大分県竹田市の一部エリア
大分県佐伯市の一部エリア 引用元

この通りやはり「台風の影響でWi-Fiがつながりにくくなる」ということはある、ということが分かります。

Y!mobileの公式ページには、台風関連の過去の障害報告が掲載されていました。これ自体は4G回線の問題ですが、ポケットWi-Fiなどは結局4G/LTE等の回線を利用してインターネットにつながっているため、症状としては「ポケットWi-Fiが使えない」となります。

お知らせ>障害情報>[4G・3G]ネットワーク(1.7GHz)>【復旧】台風10号の影響により一部地域で音声とデータ通信サービスがご利用しづらい状況について

(原因)
台風10号に伴う停電および伝送路支障の影響等 引用元

ドコモでも同様の問題は発生しています。

【回復】台風16号の影響により、一部地域でドコモの携帯電話がご利用いただけない、またはご利用しづらい状況について

(4)原因
  台風16号の影響による伝送路故障及び停電。 引用元

SoftBankやauでもほぼ同じ「伝送路故障及び停電」のような表現が多数ありましたが、一方で、よく言われる「雨や強風が直接電波を遮る」といったイメージに関連する障害情報は掲載されていませんでした。

また、特に集合住宅の場合は、停電などの影響で設備が一時的に停止してしまっている可能性などがあります。気が付きにくいので注意してください。

J:COMには、悪天候の場合についてのFAQが掲載されていました「落雷発生・悪天候時の対処方法と対策 | JCOMサポート

過去記事も参考にしてください:大雨・雷のマンションでインターネットに突然つながらなくなったときの確認事項と対策

台風の影響で使えなくなるケースはある

この通り、実際に台風の影響で通信障害が発生する問題は実際によく発生しています(特に、機器の故障および停電、そして交通規制などで復旧作業に行けず長期化、など)。

特に、自宅で停電などが起こっていなくとも、回線業者側の一部設備で発生した故障や停電などの影響が起こりうるため、「特に停電は起こってなさそうだしなぁ」と、停電という原因を排除してしまわないように注意してください(「どこかで停電しているのかも」)。

台風に関連する障害情報が各社のサポートページに掲載されている場合があるので、具体的な状況についてはそちらを確認してみてください(機器が故障していても「完全につながらない」となるとは限らず、「つながりにくくなった」「重い」のような問題の発生の仕方もあります)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿