情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone 8】「iPhone 7用のケースやカバーは使えそう?」とサイズの違い

iPhone (1117) iPhone 8 (76) iPhone 8 Plus (67) iPhone X (106)

見た目はとても似ているiPhone 8とiPhone 7ですが、本当にサイズは同じで、同じケースやカバーが使えるものなのか、それぞれの製品サイズを比較してみたのでメモ。

iPhone 8 と iPhone 7 とのサイズの違い

iPhone 8 と iPhone 7 は、見た目にあまり大きな違いはありません。

しかし、公式サイトで正確なサイズを調べてみると、微妙にサイズが違いました。

  • iPhone 8 (縦、横、厚み):138.4mm, 67.3mm, 7.3mm
  • iPhone 7 (縦、横、厚み):138.3mm, 67.1mm, 7.1mm
  • iPhone 6s(縦、横、厚み):138.3mm, 67.1mm, 7.1mm
  • iPhone 8 Plus(縦、横、厚み):158.4mm, 78.1mm, 7.5mm
  • iPhone 7 Plus(縦、横、厚み):158.2mm, 77.9mm, 7.3mm
  • iPhone 6s Plus(縦、横、厚み):158.2mm, 77.9mm, 7.3mm

わずかな違いに見えますが、iPhone 7とiPhone 6sとが全く同じ寸法であることと比較すると、iPhone 8とiPhone 7との間にある0.2mm程度の違いは注意しておきたいところです。

特に厚みについては、7.3mmと7.1mmでは約3%違うため、iPhone 7のみに対応と表記されている、カッチリはめるタイプのケース・カバーは注意が必要そうです(対応ケースでも、固くて取り付けに苦労することがあるので)。

※カメラ部分の正確な寸法は不明。iPhone 6s→iPhone 7の見た目上のときはカメラの位置が大きく変わりましたが、今回そこまでの大きな違いはなさそうに見えます。

ワイヤレス充電に注意

もう一点iPhone 7と大きな違いとして気にしておきたいのは、ワイヤレス充電です。専用の充電台の上に乗せて充電するため、ゴテゴテ大きな飾りが付いたケースの場合は充電できない可能性があり、注意が必要そうです。

Apple Storeで販売されているワイヤレス充電器にも、ケースについて言及があります。

ケースにも対応
iPhoneを厚さ3mmまでのほとんどのケースに入れたまま充電できます。 引用元

また、金属製もしくは金属パーツを含むケースの場合、その厚さにかかわらず正常に充電できなかったり、発熱してしまう危険が考えられます。

ドコモのワイヤレス充電(おくだけ充電)用の充電器の説明書には、次の記述もあり、ケースを選ぶ際には注意が必要そうです。

ワイヤレスチャージャー 03本体の表面やシリコンキャップ、携帯端末のリアカバー、電池パックに金属製のもの(金属を含む材質のシールなど)を貼り付けないでください

ひとこと

キャラクターものや珍しいデザインのケースなど、特定のバージョンにしか対応しておらず、後継製品が発売されないカバーやケースは少なくなく、「対応」と書いてなくても使いたくなることは少なくないようです。

ただ、サイズの問題だけであればまだしも、今回はワイヤレス充電の危険のこともあるので、iPhone 8対応と公式に記載されているケースから選びたいところです。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿