情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS11】「画面が暗くなった」原因と対策設定「ホワイトポイントを下げる」について

iOS (172) iOS 11 (143) iOS-アクセシビリティ (2) iPhone (1119) iPhone 8 (76) iPhone 8 Plus (67) iPhone X (106)

iOS11へアップデートして以降、「画面が暗くなった」「画面が明るくならない」「画面が見にくい」と感じるユーザーが増えています。その原因を調べると、「ホワイトポイントを下げる」という設定が何故か「オン」になってしまっているケースが多いようです。

その設定の確認方法を紹介します。

「ホワイトポイントを下げる」設定

iPhoneの「設定」を開いて、「一般>アクセシビリティ>ディスプレイ調整>ホワイトポイントを下げる」が「オン」になっていないか確認してみてください。オンになっていた場合は、これをオフにすることで、画面が1段明るく見えるようになるはずです。

ホワイトポイントを下げる

明るい色の明度を下げます。

「明るさの自動調節」も合わせて確認

また、「画面の明るさがおかしい」と感じる別の原因として、すぐ上の「明るさの自動調節」がiOS11アップデート時に「オン」になってしまっていた、という場合もあります。

これが「オン」になっていると、周囲の明るさに合わせて自動的にディスプレイの明るさが調節されます。明るさを固定したい場合は、「オフ」に設定してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿