情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

機種変更時にiPhoneのSuicaを引き継ぐ方法

Apple Pay Apple Pay-Suica (1) iOS 11 (141) iPhone (1117) iPhone 8 (76) iPhone 8 Plus (67) iPhone X (106)

機種変更前のiPhoneで使っていた「Apple Pay Suica」を、新しいiPhoneに引き継ぐ方法を紹介します。

※今回は、iPhone 7 PlusからiPhone 8 Plusへの引き継ぎを例に紹介します(SUica1枚、Apple Watch での利用はなし)。

引き継ぎ手順の概要

Apple Pay Suicaの引き継ぎは、2ステップで行います。

(1)まず機種変前のiPhoneで、WalletアプリからSuicaの情報を削除して(待避させて)、(2)新しいiPhoneで、そのSuicaの情報を読み込みます。

Suicaの情報はApple IDに結びつけられているため、2つのiPhoneは同じApple IDでログインしてあることが必要です(逆に言えば、それさえできていればとても簡単)。

また、(3)Suicaアプリから、Apple Payを使わないクレジットカードチャージを行うには、新iPhoneでSuicaアプリをインストールしてログインします。

(1)機種変前のiPhoneでの作業

まず、Walletアプリを起動します(Suicaアプリではありません)

次に、Suicaカードをタップします。

右下に表示される「(i)」ボタンをタップします。

すると、詳細なメニューが表示されるので、その一番下にある「カードを削除」をタップします。

(2)新iPhoneでの作業

続いて、新しいiPhoneでも、Walletアプリを開きます

「続ける」をタップします。

「カードの種類」では、「Suica」を選択します。

先ほど旧端末で削除したSuicaが表示されるので、「次へ」をタップします。

しばらく待てば、Suicaの追加が完了し、Suicaを新iPhoneから利用できるようになります。

(3)Suicaアプリでログインする

もともとSuicaアプリでチャージしていたので、新iPhoneにもSuicaアプリをインストールします。

アプリを起動したら、モバイルSuicaまたはMy JR-EASTでログインします(今までログインに利用していた方式を選択する)。

※ログインに失敗すると「ご案内:My JR-EASTでのログインができませんでした。My JR-EASTのID、パスワードをご確認の上、入力しなおしてください(1750)」エラーが出ました。

ログインに成功すると、ちゃんと登録していたクレジットカードの情報なども引き継がれることが確認できました。

関連

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿