情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone8】勝手に画面の電源が入る(画面が明るくなる)原因と対策

iOS (170) iOS 10 (80) iOS 11 (138) iOS-設定 (8) iPhone (1111) iPhone 8 (76) iPhone 8 Plus (67) iPhone X (106)

iPhone 8 や iPhone 8 Plusを購入して、iPhone本体を持ったり、持ち上げたりするだけで勝手に画面の電源が入ってしまうことに困る・驚いているユーザーが多いようです。

この機能は、以前のiPhoneから導入されているのですが、今現在iPhone 8を購入したユーザーの間でも、「原因が分からない」「つかないようにしたい」など、困っているケースが多いようなので、ここでその原因と対策設定を紹介します。

手前に傾けると電源が入る機能

iPhone 8にて、画面の電源がオフ(スリープ状態)の状態でiPhoneを手前に傾けると、ホームボタンを押したりしなくても勝手に画面に電源が入る(スリープが解除される)機能が搭載されています。

この機能を知らないと、どうして電源がついてしまうのか、どこか触ってしまったのかと不思議に思ってしまいますし、ただ持ち歩こうとしただけで電源がついてしまい、「バッテリーの無駄」「充電がすぐ減る原因」のようにも感じてしまいます。

設定でオフにする方法

この機能は、「設定>画面表示と明るさ>手前に傾けてスリープ解除」を「オフ」にすることで、無効にすることができます

この設定はすぐさま反映されて、それ以降、「持つだけで勝手に画面が付く」ということはなくなるはずです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿