LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

iPhone版LINE 7.14.0の評判「使いにくい」「見づらい」「使い方が分からない」「改悪」などについて(2017年10月23日)

LINE (1251) LINE 7.14.0 (iPhone) (11) LINE-iPhone (340) LINE-アップデート (110)

本日2017年10月23日、iPhone版LINE 7.14.0アップデートの配信が開始されました。このアップデートにより、トークの送信機能の画面デザインが大幅変更となり、その影響で、「使いにくくなった」「見にくい」「使い方が分からない」「送信方法が分からない」「表示がおかしい」「違和感がある」などのネガティブ評判が急増しています(ポジティブな評判もありますが、現状、悪い評判がかなり多くを占めています)。

「アップデートをした方が良いの?」「アップデートをしない方が良い?」などの声もあるので、そちらについて説明します。

iPhone版LINE 7.14.0 での変更点

iPhone版LINE 7.14.0へアップデートすると、トークルームの送信ボタン周辺のデザインが大幅変更されました。

カメラや写真選択ボタンがすぐトーク入力欄の左に表示されるようになりました。

また、スタンプの選択は右側のスマイルマークをタップです。

そして、一番右のマイクマークからは、音声メッセージが送信できます。

「送信」ボタンがありませんが、送信ボタンは、メッセージの入力を開始すると表示されます

青色の三角形のボタン(紙飛行機ボタン)から、メッセージを送信できます

評判

この変更について、「使いにくくなった」との声が急増しています。

アップデートしない方が良い?

「アップデートしない方が良い」「アップデートしなければ良かった」などの声も多く聞かれます。

これについてよくある回答は「いつかアップデートしなければいけないから、アップデートしないようにしていても無駄」というものです。

しかし、LINEをアップデートせずに、四角いアイコンを使い続けていたユーザーは、最終的に、○アイコンへのアップデート後、2年半以上も、四角いアイコンのまま使い続けることに成功しています(参考)。

また、現在デコ文字のサジェスト表示が頻繁に表示されてしまうなどの問題(仕様変更)があり、これらの変更は今後修正される可能性もあります。

そのため、アップデートをせずに様子を見るというのも選択肢として検討しても良いかと思います。

また一方で、アップデートの開始直後は「不満」や「改悪」といった声が目立ちやすいため、もう暫く評価を待ってみてみるのも手です。

不具合に対する「使いにくい」の声の可能性に注意

現在、一部の着せかえで、トーク画面の入力欄の表示がおかしくなる不具合が発生しています。

ボタンが正しく表示されず、操作がうまくできません。

この現象を指して、「使いにくい」と言っているパターンには注意が必要です。

この不具合自体は、着せかえがアップデートされていなかったり、着せかえのアップデートが反映されていないことが原因なので、それらを行う対策手順を実施することで、正常に戻すことが可能です。

Twitterなどを見ていて「友だちが勝手にアップデートされて、『使いにくい』と言ってる」と思った場合は、それが「不具合が発生した画面」のことを言っていないか、確認した方が良さそうです。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿