情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone X】バッテリーの残量をパーセント表示する方法と常時表示について

iOS 11 (119) iOS 11.1 (13) iPhone (1056) iPhone X (96)

iPhone Xで、電池残量をパーセント表示する方法について紹介します。

今まではディスプレイの右上にバッテリーの残量を常時パーセント表示できていましたが、iPhone Xからはスペースの都合からか、常時表示できなくなってしまっています。

iPhone Xではバッテリー残量の設定が廃止され、一方で「表示する手順」が追加されました。これも上部が狭いディスプレイの「形」が影響しているものと思われます。

以前のiPhoneには「バッテリー残量」設定があった

iPhone Xより前のiPhoneであれば、「設定>バッテリー」に、「バッテリー残量(%)」という設定がありました。

この設定をオンにしていると、ディスプレイの右上に、常時バッテリーの残りがパーセント表示されます。

iPhone Xでは設定が廃止

しかし、同じ設定画面を同じiOS 11.1のiPhone Xで開いてみると、「バッテリー残量(%)」の設定が存在しないことが分かります。

iPhone X では常時パーセント表示できない

この設定が消えてしまったことが暗示している通り、バッテリーの残量を、今までと同じように画面の右上に常時表示することが、iPhone Xではできません

iPhone X 電池残量をパーセント表示する方法

しかし、全く残量を確認できないというわけではありません。

iPhone X で、バッテリーの残量を具体的なパーセントで知りたい場合は、コントロールセンターを開いてみてください。コントロールセンターを開きたい場合は、ちょうどバッテリーのマークが表示されているディスプレイの右上から、下方向に画面を引っ張ります。

すると、コントロールセンター上では、ディスプレイ上部のインジケータが横幅一杯を使って表示されるため、「docomo」などのキャリア名が左上に表示されるのと同時に、バッテリーの残量パーセントが右上に表示されます

iPhone Xではこの方法でバッテリー残量を確認することとなります。

また、iPhone X はこのような「表示場所による表示の違い」でバッテリー表示を実現しているため、特に設定を変更することなく、パーセント表示することが可能です。その一方で、このコントロールセンターの画面でのバッテリー残量パーセントを非表示にする方法も用意されていない模様です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿