情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone X】アプリを強制終了する方法(タスク一覧からアプリを終了できない問題の対策)

iOS 11 (120) iPhone (1064) iPhone X (97)

iPhone X」にはホームボタンがない関係で、今までホームボタン2回だった「タスク切り替え」画面の表示方法が変更されています。

しかし実はそれだけでなく、今まで上にスワイプすればよかった「タスク切り替え画面からアプリを強制終了する方法」も変更されています

新しい方法に気が付くのはなかなか難しく、今まで通り「上にスワイプ」してもそれらしいエフェクトが発生することから、「上にスワイプしてもアプリが終了していない」「上にスワイプしてもアプリを終了できない」という問題のようにも見えてしまいます(実際は、上にスワイプしてもダメなだけ)。

今回はこの「アプリを強制終了する新しい方法」を紹介します。

タスク切り替え画面で上にスワイプしても終了しない

タスク切り替え画面で上にスワイプすると、アプリの画面が小さくなって消せた(終了できた)ようにも見えるのですが、これはホーム画面に戻っただけになってしまいます。

iPhone Xでアプリを強制終了する方法

iPhone Xでアプリを強制する手順は以下の通りです。

まず、ディスプレイの下端から上に向けて少し(2,3センチ)上に動かして、指をその場所で止めます(※他にも、円弧を描くように指を右上へ滑らせてタスク切り替えを開く方があります。←なれるとこちらの方が早い)

タスク切り替えの状態になったら、表示されているアプリのうちどれでもいいので、長押しします。

すると、アプリの左上に「マイナス」ボタンが表示されます。

強制終了したいアプリのマイナスボタンをタップすれば、強制終了完了です。

アプリの調子が悪いとき、アプリが固まって動かなくなったときなどに、利用してみてください。

※あまり日常的に強制終了を繰り返すことは好ましくありません。節電目的(バッテリー節約目的)で、アプリを使い終わるたびに終了するユーザーも多いようですが、かえってバッテリーの無駄遣いになったり、アプリの不調(通知が届かなくなるなど)の原因になる場合もあるので、使いすぎには注意してください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿