情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone X】設定通知「iPhoneの設定を完了する。Apple Payは設定で設定の準備ができました」解消の流れ

Apple Pay (19) iOS 11 (120) iOS 11.1 (14) iPhone (1064) iPhone X (97)

iPhone Xの初期設定時にApple Payの設定をスキップすると、「iPhoneの設定を完了する」という通知が届き、Apple Payの設定を促されます。

しかし、Apple Payを設定したくない場合(設定したいクレジットカード・Suicaがない場合)、いつまで経っても設定が完了できずに、ずっとこの通知が繰り返されてしまいます。また、設定アプリの通知バッジも消えません。

そこで今回は、Apple Payを設定せずに、この通知を来ないようにする手順を紹介します。

「iPhone X」初期設定の流れ

こちらの手順で初期設定をしました。

「IPHONEの設定を完了する」通知が届く

Apple Payの設定をスキップしていたため、次の通知が繰り返し届きます。

IPHONEの設定を完了する
Apple Payは“設定”で設定の準備ができました

この通知を開くと、次のダイアログが表示されます。

iPhoneの設定を完了する
Apple Payは“設定”で設定の準備ができました
[今はしない] [OK]

ここで「今はしない」をタップしても、また同じ通知が表示されてしまうので、試しに「OK」をタップしてみます。

「iPhone設定の提案」

すると、「iPhone設定の提案」という画面が表示されるので、「Apple Payを設定」をタップしました。

iPhoneの設定を完了する
Apple ID、Siri、Face ID、Apple Payなどの機能を使ってiPhoneを最大限に活用しましょう。
[Apple Payを設定]

「Apple IDの確認」

すると突然「APple IDの確認」ダイアログが表示されたので、「設定」をタップしました。

Apple IDの確認
“設定”で“○○○○@icloud.com”のパスワードを入力してください。
[今はしない] [設定]

すると「iCloud」の設定が開いて、「Apple IDパスワード」の入力が要求されました。そこで、パスワードを入力して、「サインイン」をタップしました。

「iPhoneの設定を完了する」へ移動

しかしパスワードを入力したところ、そのままiCloudの設定画面に取り残されてしまいました

ここで設定する流れが止まってしまったため、自分でもう一度先ほどの画面に戻ることにしました。

「設定」のトップに戻って、通知バッジ「1」の付いている「iPhoneの設定を完了する」をタップしました。

もう一度「iPhone設定の提案」が表示されるので、「Apple Payを設定」へと進みました

Apple Payの設定画面

すると、初期設定時と同じApple Payの設定画面が表示されます。「Walletであとで設定」をタップしてしまうとまた同じく「 未設定」扱いされてしまうと予想されるため、ここでは一度「続ける」をタップしてみました。

「カードの種類」

すると「カードの種類」を選択する画面が表示されるので、ここで「Walletであとで設定」を選択しました。

カードの種類
Apple Payに追加するカードの種類を選択。
[クレジット/プリペイドカード]
[Suica]
[Walletであとで設定]

設定画面から「iPhoneの設定を完了する」が消滅

すると、「設定」のトップに戻されるのですが、「iPhoneの設定を完了する」という、未設定が残されているので設定せよ、という状態が解除されたことが分かります。

これで、Apple Payを設定せずに、繰り返し通知が来る状態を解除することができました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿