情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone X】「アニ文字」の使い方や「なんのアプリでできるの?」について

iOS 11 (120) iOS 11.1 (14) iPhone (1064) iPhone X (97) iPhone-アニ文字 (3) iPhone-メッセージ (4)

iPhone X で利用できるようになった「アニ文字(animoji)」が、フィッシャーズの動画などで話題となっています。

iPhone Xのセンサーが表情を読み取って、サルやイヌのキャラクターの表情を動かしてくれることはよく紹介されているのですが、いざ試してみようとすると、「専用のアプリがあるの?どのアプリを使えば良いの?使い方は?iPhone Xじゃないとダメなの?」などと困ってしまう場合が多いようです。

今回はその「アニ文字」の使い方について紹介します。

iPhone X が必要

アニ文字を使うには、iPhone X の専用センサー「True Depth」が必要です。そのため、iPhone X 以外ではアニ文字を使用できません

アニ文字を使えるアプリ

アニ文字を使うには、iPhoneに初めからインストールされている「メッセージ」を使います

アニ文字の使い方

メッセージアプリを開いたら、「新規作成」ボタンをタップします。

次に「宛先」をプラスボタンで追加するか、電話番号を入力してください。

そうしたら、文字入力欄のすぐ左にある「アプリ」ボタンをタップします(※タップしても反応しない・何も起こらない場合は、宛先の入力に問題があります。宛先が未設定の場合、押しても反応しません)

するとディスプレイの下から、アプリ選択画面が出てきます。「アニ文字」のアイコン(サルのマーク)をタップして、「タップして開始」をタップします。

アニ文字アプリが選択できたら、左から、利用したいキャラクターを選択します。

キャラクターを選択すると、こちらの表示の変化に合わせて、キャラクターが動いてくれます。

録画・送信する方法

右下の録画ボタンを押すと、表情と音声の記録(録画)が開始されます

録画が終わった、「送信」ボタンをタップすることで送信できます

送信先は、iPhone X ではなくとも、このメッセージを受信することができます(iMessage・iPhone 8 Plus・iOS 11.1 にて実験):

送信に失敗してしまう場合は

送信がエラーになり、ビックリマーク表示(「未配信」表示)になってしまう場合があります。

対策についてはこちらの内容を確認してみてください:【iPhone X】アニ文字を送信できない・「未配信」エラーになる原因と対策

アニ文字を動画として保存する方法

動画として保存する方法についてはこちらで紹介しています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿