LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEのトークをピン留め(アナウンス)すると自分以外にも見えちゃうの?について

LINE (1251) LINE 7.15.0 (Android) (3) LINE 7.15.0 (iPhone) (6) LINE-Android (152) LINE-iPhone (340) LINE-アナウンス (4)

LINE 7.15.0アップデート以降、LINEのトークをピン留めできる「アナウンス」機能が利用可能となりました。

どのトークをピン留めしたのかは自分以外にも見られているの?

LINE運営も「ピン留め機能」という名前で紹介していることから、「忘れたくないトークをピン留めできて便利」と、個人的に使うケースが発生しています。

しかしこの「ピン留め機能」を利用していて、途中で誰かに指摘されたりして「もしかして、自分以外にも何をピン留めしたか見られてるの?」と疑問に思う人もいるようです。

トークルームの全員の画面にピン留めしてしまうので注意

実際、ピン留め機能の名前はあくまで「アナウンス」であり、トークルーム内の全員に周知する目的で利用されます

したがって、自分以外にも、ピン留めしたトークは表示されています注意してください。

誰がピン留めしたかもバレる

また、誰がピン留めしたかも表示されるため、ものすごく個人的にトークをピン留めしていた場合は、早めに削除することをおすすめします。

しかし、その削除方法にも注意が必要です。

間違えたアナウンスを削除する方法

後から気が付いてアナウンスを取り消したい場合は、アナウンスを長押し(Androidの場合)するか、左にスライド(iPhoneの場合)して、「アナウンス解除」を行ってください

「アナウンス解除」を実行すると、アナウンスの操作自体がキャンセルされて、全員のトーク画面のピン留めが解除されます。

「今後は表示しない」を使わないように注意

すぐ隣に表示される「今後は表示しない」を実行してしまうと、自分のトークから消えるだけで、自分以外のトーク画面には、ピン留めが残ってしまいます。

すると今度は、もうピン留め表示されていないため、「アナウンス解除」の操作をやり直すことも出来ません

こうなってしまった場合は、もう自分では取り下げることが出来ないため、トークルーム内の別のメンバーにお願いして、急いで「アナウンス解除」してもらってください。アナウンス解除の操作自体は、ピン留めした本人以外も可能であるため、このような対応が可能です。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿