情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「Sarahahメッセージの送信元(書いた人)を特定する方法/調べる方法」系の情報に注意

Sarahah (31)

現在、メッセージ募集アプリ「Sarahah(サラハ)」が話題です。このアプリ最大の特徴は、匿名でメッセージを送信できることです。普段は聞けないことを質問する目的で利用されたり、悪口の送信にも利用されてしまっています。

この「匿名性」という特徴に関して、「Sarahahのメッセージを誰が書いたのか知りたい/特定したい」「Sarahahは本当に匿名なの?知られたら困る」と感じるユーザーは多いようです。

そんな中でもし、「Sarahahのメッセージの送信元を表示する裏技」を解説する動画などに出会えば、その方法に従って、見よう見まねで操作してしまうかもしれません。

しかし、このような誘導から指示の通りに操作してしまうのは、思わぬトラブルを呼び込んでしまう可能性があります。

実際Sarahahの人気が先行している海外では、「Sarahahの送信元を表示するには、この指示に従ってください」といった解説が多数作成されていますが、実際はそのような「投稿者の特定」はできずに、ただただ時間を無駄にしてしまった(相手が儲けることをタダで手伝ってしまった)ケースが多数発生しています

今後日本でも同様の問題が多くなる可能性があります。注意してください。

「Sarahahの送信元ユーザー名を表示する方法」の解説に注意

人気が先行している海外では、「Sarahah Spy」「Sarahah Hack」「Reveal Sarahah Message」などのキーワードで多数の「匿名メッセージの送信元(メールアドレス)を調べる方法」を紹介する動画や、「送信元を表示できる」というウェブサイトが数多く存在しています。

それらの多くは「自動操作ではなく人間が操作していることを確認するため」などの目的で、解析結果を見る前にアプリのインストール作業をするように指示してきます。これは、アプリを宣伝したことに対する広告収入を得るための指示です。

しかし結局それらの指示に従って作業をしても、メッセージの送り主を表示することはできなかった、というユーザーが相次いでいます。手順が嘘だったわけです。

動画に対するコメントなどでは「最初は失敗したけど成功した」などの書き込みがありますが、それらもサクラではないか、と疑ってかかってみてください。

「よく分からず指示通りに操作する」に注意

このような、「無駄にアプリをインストールさせられた」だけならまだましですが、場合によっては、ユーザーの情報を抜き取られるフィッシングサイトへ誘導されたり、個人情報や電話帳の内容を盗み取るような悪質なアプリをインストールさせられる危険も考えられるので、気を付けるようにしてください。

Sarahahの関連アプリにも注意

手順の紹介ではなく、「Sarahahの公式アプリでは表示できない送信元の情報を表示するアプリ」というアプリの形式をとっている場合もあります。

Google Playなどから、それらのアプリをインストールしてしまわぬよう、注意してください。

スパムメッセージも

また、これらの偽の情報を手当たり次第にSarahahアカウントに送りつけてくる、スパムメッセージにも注意してください。

「このサイト ○○○○.com にアクセスすると、誰が書いたメッセージなのか表示できるよ」のようなメッセージがSarahahに届きます。

Sarahahの公式情報

Sarahah運営は、そんな「送信元を明らかにする方法がある」というメッセージの情報は偽物である、と注意喚起しています(※「all messages」という表現から、Sarahahユーザーに対して「送信元を表示するにはこちらにアクセスしてね+URL」というスパムメッセージがばらまかれている問題に対するツイートと思われます)

また、Sarahahのよくある質問ページには、次の通り記載されています。

Will Sarahah show the identity of senders?
Sarahah won't disclose the identity of the logged-in senders to users except with their consent. 引用元

また、プライバシーポリシーには、以下の記載があります。

Disclosure of Information

We will always maintain your privacy and the confidentiality of your personal data that we get. We will never disclose the this information unless there is a law requirement or with good intention if we feel that this procedure is required or wanted to meet legal requirements. Or to defend or protect the ownership rights of this website or other parties benefiting from this site. 引用元

匿名性が崩れるリスクを完全否定することはできない

ただこれらの「怪しいサイト」がある一方で、Sarahahの不具合や脆弱性などが原因で、本当に送信元がバレてしまうリスクは存在し続けます

匿名性が破られるリスクについて認識した上で、送信するメッセージを検討することをお薦めします。

コメント(0)

新しいコメントを投稿