情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

InstagramストーリーやTwitterで返信がシェアされている「Sarahah」に自分もメッセージを送信して返信してもらう方法は?について

Sarahah (31)

現在、「Sarahah」で募集した匿名のメッセージに対して、Instagramのストーリー機能や、Twitterで、「公開返信」することが流行しています。

この流行りの返信を見ていて、「自分も返信をしてもらいたい」「自分もその人のSarahahに送信したいのだけれどどうすれば良いの?」と思うかもしれません。

しかし、その「返信の画像」だけを見ても、「送信方法を特定できない」ことが一般的です。

そこで、Sarahahへの返信を見かけたときに、自分もその人にSarahahメッセージを送信する方法を紹介します。

Sarahahでメッセージを送信するのに必要なもの「メッセージ募集URL」

特定の人にSarahahでメッセージを送るには、Sarahahのその人専用の「メッセージ募集URL」を知る必要があります。

「メッセージ募集URL」とは、「○○○○○○.sarahah.com」のようなURLです。

送信方法

このURLさえ分かれば、URLを開いて、メッセージを入力して「Send」をタップするだけです。

「メッセージ募集URL」の調べ方

このメッセージ募集URLは、返信の画像(スクリーンショットなど)だけを見ても分かりません。

一番簡単な方法は、本人に「SarahahのURL教えて」と聞く方法です。しかし、この質問をしてすぐメッセージを送ったら、「今の私が送ったよ」とバレてしまいかねません。そうでなくとも、疑われてしまいます。

そのため、こっそり調べられるに越したことはありません。

たとえば現在Instagramであれば、プロフィールに掲載するのが流行りなので、その人のInstagramのプロフィールに募集URLが掲載されていないか探してみてください(Instagramの場合、プロフィールのウェブサイトに載せたURLしかリンクされないため)。また、その人がURLを告知する写真やストーリーを投稿していないか、遡って探してみてください。

Twitterの場合は、SarahahのURLをツイートしている場合が多いです(固定ツイートにしている場合も多い)、Twitterのプロフィール(bio)に書き込んでいる場合もあるので、そちらも確認してみてください。

※InstagramやTwitterのユーザー名をそのままメッセージ募集URL「○○○○○○.sarahah.com」の「○○○○○○」の部分に使っているとは限りません。人違いになってしまう可能性もあるため、むやみに当てずっぽうでURLを試してみることはおすすめできません。

Sarahahのその他の使い方

自分でも募集したいと思ったり、エラーでメッセージが送れない、などの場合については、こちらの「Sarahahの使い方」を読んでみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿