LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINEのメッセージの送信取消は相手にバレる?」について

LINE (1308) LINE-Android (165) LINE-iPhone (360) LINE-送信取消 (5)

本日2017年12月13日より、LINEの送信済みメッセージを24時間以内であれば削除できる「送信取消機能」が利用可能になりました(使い方)。

この機能を使うにあたって、メッセージを取り消ししたことはバレてしまうの?読まれてしまう場合もあるの?など、完全に消せるのか、完全に消す方法があるのかなどが気になる人も多いようです。

そこで、そのあたりについて簡単に説明したいと思います。

「送信取消」をしたことはバレる!

まず、送信取消を実際に使ってみると分かるのですが、誰がメッセージを取り消したかが、トークルームにはっきりと表示されてしまいます

なので、完全になかったことにすることはできません

例えば、LINEグループでAさんが悪口を言った後に、別のBさんがその発言に対して言い返したとします。しかしその後Aさんが最初の悪口だけ消して何も残らなくなってしまったとしたら、突然Bさんが暴言を書き込んだように見えてしまいます。このような「削除機能の悪用」を防ぐための仕様であると思います。

ただし、送信してから消すまでの間、相手が圏外だった場合などで、最初のメッセージを一切受信していない場合は、「メッセージの送信を取り消しました」が残らない模様です(手元で実験して確認)。通知だけでも受け取っていると、やはり「メッセージの送信を取り消しました」がトーク画面に表示されます。

※他の仕様としては、「24時間以内ではなく、数秒間しか削除できない」や「次のコメントが付くまでしか削除できない」などもありそうですが、LINEは今回、期間は長め、利用は手軽、ただしある程度制限、というタイプを選択したようです。

そもそも消えない場合に注意

ただし実は、単に消したことがバレるだけでなく、消したはずのメッセージが表示されたままになったり、さらに情報が組み合わさって、消そうとしたことだけバレて消えていないなんていうこともあります。

というのも実は、LINEの古いバージョンを使っているユーザーのトーク画面からは、取消機能を誰かが使ったとしても、トークが消えずに残ってしまうからです。

そのため、誰かの画面から消えても、別の誰かの画面からは確認できる、といった、中途半端に消えずに残ってしまう場合があり、「バレる」だけでなく「何を消そうとしたのかまでバレる」という可能性もあります(つまり、特に様々なバージョンの利用者が参加しうるグループでの利用を行う際は注意してください。また、消すまでの間に読まれていたら、それは当然何を取り消したのか、バレてしまいます)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿