情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone版OneDriveのファイルを直接メール添付して送信する方法(共有リンクを使わない/障害発生中対策)

OneDrive (4) iPhone (1212)

現在OneDriveに障害が発生しており、ブラウザ版が利用できません。パソコンが使えない場合や外出先からOneDriveのファイルを利用したい場合、iPhone版OneDriveが便利です。しかし、「ここからファイルを誰かに共有したい」「パソコンに送りたい」と思って普通に「共有」を行ってしまうと、「共有用リンク」が生成されて、単なるリンクの共有になってしまい、結局これまた障害で「Sorry, an error has occurred.」と表示されるだけで、ファイルをダウンロードすることができません。

そこで今回は、直接メール添付して送信する方法をしたことで紹介します。

iPhone版OneDriveのファイルを直接メール添付する手順

まず最初に、iPhone版OneDrive(利用開始方法)を開いて、送信したいファイルを長押ししてください。

すると選択状態になるので、「共有(箱から上矢印が出ているマーク)」をタップしてください。

ここがポイントなのですが、ここですぐにGmailやOutlookなどのメールアプリボタンはタップしないで、「ファイルの送信」をタップしてください。ここでいきなり共有に使うアプリを選択してしまうと、単なる「共有用リンクの送信」になってしまうからです。

するとダウンロードが実行された後、再び共有画面が表示されます。ここで、改めて共有に利用するアプリ(今回はGmail)をタップします。

こうすることで、はじめからOneDriveのファイルが添付された状態で、メールを作成・送信することができます。

関連:障害発生中

コメント(0)

新しいコメントを投稿