情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【少年収】Twitterで定期的に話題になるジャニーズ関連用語「少年収」とは

Twitter (215) ジャニーズ (3)

Twitterのトレンドで定期的に「少年収」という単語を見かけます。今までは何かのテレビ番組(ドラマ?)が放送されているのかな、と思っていたのですが、ふと具体的なツイートを見てみると様子が違ったのでメモしておきます。

Twitter上の「少年収」という言葉の扱われ方

「少年収」ははじめそういうテレビ番組があるものだと思っていました。

しかし具体的なツイートを見て見ると、「少年収忘れてた」「少年収楽しかった」「少年収終わった」なら分かるのですが、以下のような表現を含むツイートが目に付きました:

  • 少年収不在だった
  • 少年収落選・落ちた
  • 次の少年収に行こう
  • 少年収に行ってきた
  • 少年収に○○くんがいる
  • 少年収のレポが来てる
  • 少年収 番協
  • 少年収 番組協力
  • 少年収 ネタバレ

これらを見ると、どうもテレビ番組やドラマではなさそうでした。

「少年収」の意味

いろいろなツイートを読んでいくと、驚くほど数が少ないのですが、「少年収は○○の略」と言及しているツイートもありました。

「少年収」とは、「ザ少年倶楽部(少クラ)」という、NHK BSプレミアムで放送されている番組の「(番組協力と呼ばれることも多い模様)」の略、のようです。

定期的に急激にツイートが増える理由

ザ少年倶楽部」はジャニーズ事務所に所属するメンバーが多数出演する番組であり、「少年収」という単語を含むツイートが定期的に急激に増えるのは、「(定期的に行われる)収録に行ってきて、こんな曲が歌われた、こんなメンバーが出ていた」といった情報のやりとりが活発になるから、のようでした。

Wikipediaには月1回の収録、とあり、「少年収」という単語を含むツイートは、今後も月に1回話題になりそうです。

収録は月に1度、NHKホールで2週分行われている。 引用元

コメント(0)

新しいコメントを投稿