情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Safariに「Webサイトは安全ではありません」が表示された場合の注意点について

Safari (29) iOS (222) iOS 11 (197) iOS 11.3 (5) iPhone (1257)

iPhoneやMacのSafariブラウザを利用していると、サイトにアクセスしてフォームに何かを入力しようとした際に突然アドレスバーに「Webサイトは安全ではありません」と表示される場合があります(この機能はiOS 11.3 より導入されました)。

ウェブサイトにアクセスした(開いた)だけでは表示されず、何かを入力した際にアドレスバーの表示が切り替わることが特徴です。

また、そのまま操作を続けるとアドレスバーが「安全ではありません -- (アドレス)」という表示に切り替わることも特徴です。

この表示の意味合いと注意点について。

Safariに「Webサイトは安全ではありません」が表示される

ウェブサイトのログイン画面などで突然アドレスバーの表示が「Webサイトは安全ではありません」という赤い文字に切り替わる場合があります(※英語の場合は「Website Not Secure」)

また、操作を続けると次のような「安全ではありません」というアドレスバー表示に切り替わります(※英語の場合は「Not Secure --」)

表示される原因

この「Webサイトは安全ではありません」という表示は、基本的に、そのウェブサイトに入力する重要な情報(パスワードやクレジットカード情報など)が暗号化されずに送信される恐れがある場合に表示されます。

「今まで表示されなかったのに突然表示されるようになった」と感じるかもしれませんが、それは「Webサイトは安全ではありません」と表示する機能自体がつい最近「iOS 11.3」から導入されたばかりであるのが大きな理由であると思われます。

つまり、安全性そのものは今まで通りであっても、より目立つようにSafariが警告するようになった、という状況です。

注意点

この警告がWebサイトに表示された場合は、「個人情報」や「クレジットカード番号」、「パスワード」などの重要な情報の送信は避けてください

この点については、Appleのサポートページにも記載があり、そちらではより明確に「絶対にパスワードやクレジットカード番号を入力しないでください」と記載があります:

この警告が表示されるサイトでは、絶対にパスワードやクレジットカード番号を入力しないでください。 引用元

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿