情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「2018年4月18日に南海トラフ地震が来る」の噂の拡散に注意

南海トラフ地震 (11) 地震 (58)

本日2018年4月17日15時頃より、「明日地震が起こるらしい」「明日南海トラフ地震が来る」「本当に地震が来たらどうしよう」「愛知県は大丈夫?」「歴史的な予言者が自信を予言しているらしい」といった地震に関連する噂がTwitterやLINEのタイムライン上で大きく広まっています。

しかしこの噂の元は「予言」や「予言があるらしい」というものであり、科学的な根拠がある「地震予知」ではありません

噂を信じ込んでしまったり、デマに対する注意喚起を含めずに噂を広めて混乱させてしまわぬよう、注意してください。

※2018年4月19日(木曜日)現在、本日宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の硫黄山で発生した250年ぶりの噴火や、20時38分ごろ発生した岩手県沖での地震をうけて、再び「最近地震が多い。南海トラフ地震が来るのではないか」といった不安や、「南海トラフ巨大地震は2018年5月23日3時45分に起こる」といった噂が再び広まっています(この噂についてもこのページで説明したケースと同様に、科学的な根拠がある地震予知とは異なるので注意してください)

広まる「明日地震が来る」の噂

本日2018年4月17日15時頃より、「明日4月18日に南海トラフ地震が来るらしい」などの噂が大きく広まっています:

※今回、「宇宙人が来るらしい」という噂が同時に広まっていることがひとつ特徴的です。また、この「予言・噂」のことを「都市伝説」と表現している場合があります。このあたりについて、17日22時頃に人気YouTuber「水溜まりボンド」が紹介したことで、より「明日何かがあるのではないか」との興味が高まった視聴者もいるようです(※動画中で水溜まりボンドの2人は「信じていない」との立場をとっています)。

噂の元、広まり方

この噂の元(情報源)について、噂の中では「予言があるらしい」という「予言」というキーワードが出てきますが、誰のどのような予言である、という話はあまり登場せず、「友だちがそう言ってた」という形式で広まっているようです。また「東日本大震災を当てた予言者らしい」「熊本地震を当てた予言者らしい」と言われている場合も有ります。

今回とても噂が広まりやすくなっているのは、4月14日に根室半島南東沖で発生した震度5弱の地震や、愛知県西部で発生した最大震度4の地震、加えて、4月15日からトカラ列島近海で繰り返し発生した地震などの影響を受けているものと思われます。

気象庁の「地震予知について」

このような「噂」の扱いについて、気象庁の「地震予知」について解説するページでは、次の通り解説されています:

地震の予知はできますか?
○月×日に□□地方で大きな地震があると聞きましたが、どうでしょうか?
 地震を予知するということは、地震の起こる時、場所、大きさの三つの要素を精度よく限定して予測することです。例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。

 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。 引用元

ここに「日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマであると考えられます」との記載があります。今回は明日「2018年4月18日」という日付および「南海トラフ地震」という場所が噂で指定されていますが、こちらはまさにこの文章の「○月×日に□□地方で大きな地震があると聞きました」に相当し、この気象庁の文章からも、地震予知という観点から「デマである」と考えられます。

※噂によっては、「明日の朝10時」「時間は10時25分」「明日の9時54分」「明日の夜10時」のように、具体的な時刻を含んでいる場合がありますが、その時刻は複数パターンあるようです。

過去の同様の噂の結果

また、以前も2016年11月23日に南海トラフ地震が発生する、という噂が非常に大きく広まり、NHKの公式ツイッターアカウントが次の通りツイートする事態にまでとなりました:

また、当時その日付で検索すると、「地震」というキーワードが表示されるほどでした:

しかし南海トラフ地震はもちろん、特に大きな地震は発生せずに予言の日は終了しました。

関連:「11月23日に南海トラフ大地震が発生する」の噂について

多くの人は「どうせデマでしょ」と思う一方で、「でもデマとは限らないじゃないか」と思う人も多く、このあたりは難しいところです。

関連

関連:緊急地震速報の受信設定の確認方法

コメント(0)

新しいコメントを投稿