情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone版(iOS版)の「制県レベル」はダウンロードできないの?ブラウザ版(Web版)って何?について

Android (551) iPhone (1263) 制県レベル (4)

現在人気の「制県レベル」地図ですが、この地図を作ることができる「制県伝説」アプリは、Android版しか提供されておらず、iOS版(iPhone版)がダウンロードできません

実際、iPhoneのAppStoreを「制県レベル」や「制県伝説」で検索しても、同じ地図が作れそうなアプリは見つかりません。

しかし現在、iPhone利用者の間では「制県レベル」の地図を作る方法として、通称「ブラウザ版」を利用するユーザーが増えています

「中国語版(繁体字版)みたいのを使っている人がいる」と思ったら、それがまさに「ブラウザ版」と言われているものです。後ほど見分け方を紹介しますが、その見分け方を元にTwitterを見てみても、かなり多くのユーザーがこの「ブラウザ版」を利用していることが分かります。

そのiPhoneユーザーの利用が多い通称「ブラウザ版」について。

※「制県レベル」の海外版(国版)のようなアプリが使いたい、という人は、「been」というアプリを使ってみてください。こちらはiPhoneから利用できるアプリです。詳しい使い方はこちら:「制県レベル」の海外版のようなアプリ「been」の使い方

Android版「制県伝説」アプリ

現在話題の「制県レベル」アプリの使い方は、以下で紹介しています:

地図に表示されるのは「制県レベル」という言葉ですが、アプリ名は「制県伝説」です。

このアプリは現在バージョンが2.0.0で、最終更新は2015年2月19日です。

iPhone版(iOS版)がない

このアプリの公式サイトを見ても、Androidアプリのみを作成している作者のようで、iPhone版はリリースされていないようです。

実際にiPhoneのAppStoreで検索しても、iPhone版「制県伝説」アプリは見つかりません

似ているけれど違う「通称『ブラウザ版』」

そんな中、iPhoneからも「制県レベル」地図を投稿しているユーザーが増えています。

iPhone版アプリが提供されていない状態でどうしているのかというと、どうやらiPhoneでも使える「ブラウザ版」を利用しているようでした。ブラウザ版のページがTwitterを中心に現在広まっています。

見分け方

Androidアプリ「制県伝説」で作成した地図は、「制県レベル」の文字が黄色く、周囲が白く囲われており、海が水玉模様なのが特徴です。一方、「ブラウザ版」のほうは、「制県レベル」がただの黒い文字で、海が単純な水色になっていることが特徴です。

作者が違う別サービス

ただし、よく「中国語表示(制縣等級)」が投稿されていることからも想像が付くとおり、こちらの開発者はAndroidアプリ「制県伝説」とは異なるようです(※言語切り替え機能が用意されており、「繁體中文」ボタンで「日本語」を選択することで、日本語化が可能で、先ほどの画像のように「制縣等級」ではなく「制県レベル」と表示することが可能となっています。また、「画像を保存」→表示された画像を長押しで、写真として保存することができます。また、Twitterシェア機能はないので、スクリーンショットや、画像保存機能から画像作成して、Twitterアプリから手動でハッシュタグ「#制県レベル」を付けてツイートするユーザーが多いようです)。

Androidアプリ「制県伝説」は日本の方のようですが、通称「ブラウザ版」のほうの作者は台湾の方のようで、ドメインも.twとなっています。

そのため、これは「Android版」に対する単なる「ブラウザ版」ではなく、点数の付け方は同一でデザインもほぼ同じであるものの作者は別であることから、別サービスと考えた方が良さそうです。

利用方法(URL)は、Twitterを「制県レベル iPhone」「制県レベル ブラウザ版」等で検索すると見つけることができます:

同じ「制県レベル」という名前が付いているものの、作者が別であることに注意しつつ利用するようにしてください。

エラー発生中(Internal Server Error)→復旧

現在、このブラウザ版「制県レベル」に、「Internal Server Error」が表示されてしまう問題が発生中です:「「制県レベル」が「Internal Server Error」エラーで使えない障害発生中(2018年6月2日)→20時頃、復旧していることが確認できました

点数自体はかなり昔からあるらしい

このあたりについて調べていると、次の記事を見つけることができました:

こちらは「経県」というサービス(ブラウザから利用)がBIGLOBEの旅行サイトに導入された、という記事ですが、既にそちらは利用できなくなっているものの、オリジナルの「経県」サービスは現在も利用できるようです。

ただ、iPhoneから利用しようとしてみたものの、地図が正しく表示されず、iPhoneからの利用には失敗していまいました(iPhoneからの利用は非対応なのかも知れません)

この「経県」サービスでは、「レベル」ではなく「経県値」という点数制という違いはあるのですが、各都道府県の点数付け「0点~5点」までがそれぞれ「未踏」「通過」「接地」「訪問」「宿泊」「居住」という構成で、この構成は「制県レベル」と全く同じ構成となっています。

ただしここで注目すべきは、先ほど紹介した、「経県」がBIGLOBEに導入された、という記事が2007年に出ており、Androidが初めてリリースされた2008年よりさらに昔の出来事である、ということです。「経県」、つまりこの点数付け自体は、さらにそれ以前から存在していた、ということになります。

海外旅行版はないの?

制県レベルの6段階のような細かい点数付けはできませんが、「行ったことがあるかどうか」で世界地図を塗り、達成率を表示したりツイートしたりでキルiPhoneアプリがあるので、興味があれば試してみてください:

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿