情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【北海道地震】LINEで「厚真に居る自衛隊の方からの今来た情報です。 地響きが鳴ってるそうなので大きい地震が来る」「推定時刻5~6時間後」等の噂が拡散中なので注意

LINE (1378) 北海道 (10) 地震 (74)

本日2018年9月8日20時現在、LINE経由で北海道地震に関する噂が広まっている模様です。具体的に現在大きく広まっているのは、「厚真に居る自衛隊の方からの今来た情報です。 地響きが鳴ってるそうなので、大きい地震が来る可能性が高いようです。 推定時刻5~6時間後との事です!! 早めに入浴、家事、炊事済ませて下さい!! 」といった文章です。

この噂の特徴や注意点などについて紹介します。

ここで紹介する情報を参考にしつつ、LINEに送られてきた情報を「他の人にも教えてあげなきゃ」「まだ知らないかもしれない」と他のトークに転送する前に、一度その内容の情報源を確認するよう、心がけてみてください。

現在広まっている噂の特徴

現在LINEの個チャやグループなどを経由して、「地響きが鳴っている(地鳴り)」ことや「大きい地震が来る可能性が高い」ことなどに関連する「噂」が広まっています。

次のように、Twitterへもその内容がシェアされています(「拡散希望」との記載があるケースも):

現在広まっている噂の特徴は、次のようにまとめられます:

  • 「自衛隊からの情報」
  • 「厚真町で地響きが鳴っている」
  • 「大きい地震が来る可能性が高い」
  • 「推定時刻5~6時間後」

特にここで内容的に問題となってくるのは「自衛隊からの情報」であることと「推定時刻5~6時間後」という明確な時刻付きの地震予知が行われていることです。

気象庁「明確な時刻・場所付きの地震予知は困難」

このような「明確な日時や場所を特定した地震予知」に対して気象庁は「現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しい」とした上で「一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます」としています。

地震の予知はできますか? ○月×日に□□地方で大きな地震があると聞きましたが、どうでしょうか?

地震を予知するということは、地震の起こる時、場所、大きさの三つの要素を精度よく限定して予測することです。例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。

 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられますお聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。日ごろから地震に対する備えをお願いいたします引用元

情報源が不明

また、本当に自衛隊が地震予知に関する情報を提供していると分かる「ニュース情報」や「自衛隊や気象庁などの公式ページでの記載」、「自治体公式アカウントからの書き込み」などは発見されていません。

またその内容の重要性からすれば「エリアメール(緊急速報メール)」や「防災行政無線」などで同等の情報が配信されていてもよいはずですが、そのような情報も見つかっていません。

拡散しないように注意

実際現状「LINE」や「Twitter」などを経由した「口コミ」でしかこの情報が広まっておらず、情報源が確認できない以上、現時点ではこの情報全体が「デマ」であると考えられます

そのため、回って来たこれらの情報や類似する情報源が確認できない噂話を拡散してしまわないよう、注意してください。

「今日(8日)本震が来る」という類似の噂について、気象庁は「いたずらに不安をあおるのもよくない。また安心しすぎるのもよくない。大きな地震の発生のあとは、常に次の地震に注意をしてほしい」と取材に答えています(詳細)。今回の噂もここに当てはまるものと考えられます。

このような噂・デマの有無にかかわらず、しばらくの間常に「次の地震(余震・本震)」への備えを継続するようにしてください。

LINEで回ってくる噂に注意

LINEで回ってくる噂、特にタイムラインではなく個人チャットやグループチャット経由で届く噂は「家族」や「知り合い」から直接「あなた」もしくは「あなたが所属するグループ」に対して送信された、直接的なメッセージとして回って来ます。

Twitterであれば「リツイートで回って来た知らない人の情報」や「たまたま流れてきただけの情報」のように見えるはずだったものが、より確実に「自分事の情報/知り合いからの情報」として届いてしまいます。

そんなとき慌てて同じように「他の友だちにも教えてあげよう」「家族にも教えてあげよう」とするのではなく、その内容の信憑性、特に「情報源の確認」を行うように心がけてください。

内容にもよりますが、「嘘か本当か分からないけれど、知っておくに越したことはないだろう」と思って回した情報が、思わぬトラブル(※間違った情報に従って多くの人々が一斉に行動した結果発生する過度の買い込みであったり、不安の増大、営業妨害など、その結果はさまざま)であったり、さらにその先の「知り合いの知り合い」などに大きく広まってしまいより大きな問題につながってしまう恐れがあります。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿