情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

たぶんほとんど知られていないであろうショートカットキー:Win+X

Windows (303) Windows 7 (58) Windows Vista (7) ショートカットキー (9)

今回は、おそらくノートPCでしか使えない「Win+X」というショートカットキーを紹介します。

効果

Windows 7もしくはWindows VistaでWin+Xを押すとWindowsモビリティセンターが起動します。おそらくこのアプリケーションはノートPCにしかないと思われます。

Windowsモビリティセンターというのは、無線LANのON/OFFやモニタの明るさ、音の大きさ、電源のポリシー設定などなどを一つの画面から変更できるソフトウェアで、使っている人はそんなに多くないかなぁ、と思います。

感想

自分の場合は無線LANを有効にするためにモビリティセンターをよく使っています。なぜかWindowsモビリティセンターを使わないと無線LANが使えなくなってしまったので。 しかし、毎回起動するのが面倒で、かなり気にしていました(今思えば、AutoHotkeyを使って自分でショートカットを作れば良かったです)

そんなとき、調べごとのために読んでいた海外フォーラムにこのショートカットキーが書いてあり、「まさかこんな目立たないソフトウェアに起動用のショートカットキーが割り当てられているとは!」とビックリしてしまいました。

使う人はあまり居ないと思いますが、普段モビリティーセンターを使っている人は是非使ってみてください。

追記

モビリティセンターを開いた状態でもう一度Win+Xを押すと閉じるんですね。つまり、自分の場合はWin+Xで素早く開いて無線LANをONにしてまた素早くWin+Xで閉じればよいと…うーん、根本的に間違っているような。

コメント(0)

新しいコメントを投稿