情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Amazonは消費税を納めていないの?消費税0%になったAmazonの新納品書について

Amazon (22)

最近Amazonの納品書・領収書のシステムが変更になったらしいことは以前の記事でお伝えしました(納品書と領収書が分離された件について)。実は、納品書に表示される「消費税」にも異変がありました。これについて紹介します。

※追記があります

納品書の消費税表示

Amazonの納品書には、「単価(税抜)」と「金額(税込)」の表示があります。したがって、これらの数字から、「消費税分の金額」が計算できます。

今までの納品書

今までの納品書では、例えば次のように印刷されていました。

amazon-consumption-tax-5-percent

この表示から、消費税を5%にして計算していることが分かります。

最近の納品書

ところが、最近の(といってもここ複数カ月)納品書では、次のように表示されます。

amazon-consumption-tax-0-percent

気が付いて「おや?」と思ってしまいました。税抜き表示と税込み表示が同額、つまり、消費税が0%扱いになっているのです。

これに気が付いて最近の納品書を複数枚確認してみたところ、雑誌なども含め、すべて同じように消費税が0%扱いになっていました。古いものでは6月のものも手元にありました。

領収書は?

領収書には、消費税の手がかりとなる表示が存在しません。

消費税0%ってどういうこと?

表示のミスなのかも知れませんが、もしそうだとすると、少なくとも2カ月以上、直っていないことになります。

もし本当に「消費税は0%だぞ」という意味で書いてあるのだとすれば、消費税分だと思ってAmazonに支払った5%分を、Amazonが納めていないってこと?と思ってしまいます。

Amazonのヘルプには

というのも、Amazonのヘルプには、消費税についてこう書かれています。

消費税は、お届け先が日本国内の場合に課税されます。Amazon.co.jp ではお客様にご注文いただいた各商品、サービスに対し、5%の消費税を課税しております引用元

どういうことなのでしょう。。。

追記:Amazonに問い合わせてみた

Amazonのカスタマーサービスに、チャット機能を利用して問い合わせてみました。その結果、最近の納品書すべてについて、税抜き表示が間違っているという確認が取れました。

わかったことを簡単にまとめるとこうなります。

  • 納品書が間違っている。税抜き表示が税抜き表示になっていない問題がある。
  • 昨年末のWEB領収書導入以降、納品書兼領収書から納品書への切り替えと同時に発生している問題
  • 自分だけで問題が発生しているわけではない。金額表示について、他の人からも問い合わせあり。
  • 税抜き価格を表示する方法はない

最近届く「納品書」には、税抜き価格に間違いがあり、税抜き価格と税込み価格が一致してしまい、消費税が0%であるかのような表示になってしまっている。しかし、表示が間違っているだけで、消費税分として5%とっていることに変わりはない、ということのようです。

間違った納品書のシステムが、数カ月放置され続けているようです。修正の予定もはっきりしていないようでしたが、改善点として把握はしているようでした。

コメント(0)

新しいコメントを投稿