情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows 8.1 で Picasaフォト ビューア を既定の画像ビューアに設定する方法

Picasa (1) Windows 8 (36) Windows 8.1 (58)

Windows 8 で画像ファイル(.JPGや.PNGなど)をダブルクリックで開くと、Windows 7以前にはなかった、Windows 8式の画像ビューアが表示され、Windows 7以前と同じようにWindows 8を使っている人にはとても不便です。そこで、その代わりに「Picasaフォトビューア」を使うことにしました。しかし、設定が素直にはできなかったので、メモしておきます。

Picasaをインストールする

まず、picasaのページから、Picasa(現時点でPicasa 3.9が最新)をダウンロードし、インストールします。

ダウンロードページを見ると分かりますが、「Windows XP/Vista/7」と書かれており、Windows 8/8.1に対応していない雰囲気が漂っています。しかし、実際には今のところ普通に使えています(Windows 8.1)。

インストールの終盤で、Picasaフォトビューアーを、どのファイルを開くときに使うのか、という関連づけを設定します。しかし、ここで関連づけをしても、Picasaフォトビューアーが使われません

picasaフォトビューアの設定からでは関連づけが保存されない

もう一度関連づけをしようと「picasa フォトビューアを設定」を開いてみても、やはり関連付けが保存されておらず、もう一度設定し直しても、結局反映されておらず、また設定を開いても関連づけは保存されていません。

「既定のフォトビューアを選ぶ」から設定する

よって、関連づけはpicasaフォトビューアの設定以外のところで行います。

フォトビューアーの「フォト」のところをクリックして、「Picasa フォト ビューア」を選択します

これで、画像を開くときにpicasaフォトビューアが使われるようになります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿