情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Apple Watch 初期設定手順トラブルメモ

Apple Watch (13) iPhone (750)

遅ればせながらApple Watchを購入した、というか予約していたのがいまさら届いたので、初期設定をしてみました。順調にトラブルが出るのでメモしておきます。

ちなみに、仕様デバイスはApple WatchとiPhone 6 Plusです。iOS 8最新版。

説明書を読む

Apple Watchの説明書を手にして、冒頭にこう書いてありました。

ようこそ Apple Watch へ
さっそく Apple Watch を装着してみましょう。はじめに、iPhoneに最新バージョンの iOS をインストールしてから iPhone で 「Apple Watch」 Appを開いてください。

というわけで、Apple Watchアプリを起動しました。Apple Watch発売直前のiOSのアップデートで勝手に入ってきたアイツです。

「接続する」エラー

すると、とりあえず次のエラーが出ました。

接続する
Apple Watch を設定するには、iPhoneがWi-Fiネットワークまたはモバイルデータ通信ネットワークに接続されており、Bluetoothがオンになっていることを確認してください。

というわけで、オフになっていたBluetoothを有効にして続けました。

「Apple Watchをカメラに向けてください」

すると、次が表示されました。

Apple Watchをカメラに向けてください
デバイスを下のファインダーに合わせてください。

ただ、この時点でApple Watchの電源なんて入れていないので、さすがに無理、感がありました

電源ON

というわけで、Apple Watchの電源を入れます。入れ方を説明書で確認して、横のボタンを長押し。

本体の初期設定

アップルマークの後、言語選択です。日本語を選択。

Apple Watchの言語を日本語に設定しますか?

の選択肢が「バツマーク」と「チェックマーク」で、ちょっと分かりにくいんじゃ・・・と思いつつ、チェックマークで先へ進みます。

よくわからない、もわっとした画面が表示されたので、「戻る」をタップしました。

すると、「iPhoneでApple Watch Appを開き、"ペアリングを開始"をタップします。」と表示されたので、ここでもう一度かざしてみました。

そして結局Apple Watchの「ペアリングを開始」もタップして、もわっとした謎の粒子映像を表示してカメラを向けると、ペアリングが終了しました。なるほど。

Apple Watchを設定

ここから、iPhoneの「Apple Watchを設定」をタップして、設定を進めます。

「装着する腕」→「左」とタップすると、「利用規約」が表示されました。

「ペアリングできませんでした」エラー

しかし、そんなタイミングで次のエラーが出ました。

ペアリングできませんでした
Apple WatchとiPhoneをペアリングできませんでした。

そして、Apple Watch側は、言語選択画面に戻ってしまいました。

そこで、日本語をタップすると、またすぐペアリングを開始ボタンが表示されたので、Apple Watch側の「ペアリングを開始」をタップして、エラーの「やり直す」もタップし、もう一度ペアリングしました。装着する手も選び直しです。

利用規約再び

やっとまた利用規約に戻って来られたので、「同意する」をタップしました。

利用規約
Apple Watch OS 利用規約、および Apple のプライバシーポリシーに同意します。

と表示されるので、これに対しても「同意する」をタップしました。

Apple ID

「Apple ID」という画面が表示されるので、「パスワードを入力」をタップしました。

このとき、

詳しい情報:
Apple IDでサインインすると、Apple WatchでDigital Touchを使用して通信したり、Apple Payなどの機能を使用したりできます。サインインした後は、お使いのApple IDはこのApple Watchと関連付けられます。

と表示されており、「この手順をスキップ」もあったので、必須ではないみたいです。

「Apple IDを検証中…」がしばらく表示されて、次へ進みます。

位置情報サービス

詳しい情報:
"位置情報サービス"を使用すると、文字盤や"マップ"、その他Appで、あなたのおおよその位置を示すデータを収集・利用できるようになります。お使いのiPhoneで位置情報サービスがオンに設定されているため、Apple Watchでも位置情報サービスがオンになります。位置情報サービスは、iPhoneの"設定"の"プライバシー"でオフにできます。
[OK]

こちらは、前提条件的に、「OK」ボタンしかありませんでした。「OK」で進みます。

Siri

詳しい情報:
Siriを使用すると、話しかけるだけで、メッセージの送信や電話の発信などさまざまな操作を行えます。お使いのiPhoneは、Siriがオンに設定されているため、Apple WatchでもSiriがオンになります。
[OK]

同じパターンですね。

診断

続いて、診断を「自動送信する」と「送信しない」の2つのボタンが表示されるのですが、この「診断」は次のような意味なので、「送信しない」にしました。

詳しい情報:
診断データと使用状況データを自動的に送信することにより、弊社の製品とサービスの品質向上にご協力いただけます。

Apple Watchのパスコード

「パスコードを作成」というボタンと、「長いパスコードを追加」というリンク、さらに次の詳しい情報が表示されました。

詳しい情報:
パスコードを設定すると、Apple Watchを腕から外すとApple Watchはロックされ、ロックを解除するにはパスコードが必要になります。これにより、データを保護することができます。

最後に「パスコードを追加しない」も表示されたのですが、ここではとりあえずボタンの大きさに従って、「パスコードを作成」をタップしました。

「Apple Watchで4桁のパスコードを作成してください」と表示されたので、Apple Watch側に表示されたnumpadで4桁の番号を入力しました。

iPhoneでApple Watchのロックを解除

iPhone本体に、次のように表示されました。

詳しい情報:
このオプションを選択した場合、Apple Watchを装着しているときは、iPhoneのロックを解除するとApple Watchのロックも解除されます。
続けるには、Apple Watchでこのオプションを承認します。

Apple Watch側には、「iPhoneでApple Watchのロックを解除しますか?」と表示されているので、「はい」をタップしました。iPhone側が次へ進みます。

利用可能なAppをインストール

次に、「利用可能なAppをインストール」が表示されました。「すべてをインストール」と「後で選択」が表示されています。

詳しい情報:
お使いのiPhoneにいんすとーるされている Appの一部は、Apple Watchでも動作します。ここでそれらのAppをすべてインストールすることもできますし、後でiPhoneの"Apple Watch"Appを使って個別にインストールすることもできます。

迷ったのですが、「後で選択」をタップしました。

Apple Watchと同期中です

「Apple Watchと同期中です」と表示されました。

もう少しでApple Watchの使用準備が完了です。

同期が完了すると通知が表示され、その後iPhoneをいつも通り使用できます。 Apple Watchの設定を終了するにはホームボタンをクリックするだけです。

これを読んでいると、突然「例のやつ」が表示されました。

現在Apple IDおよび電話番号は、新しいApple WatchのiMessageで使用されています。
最近"○○ ○○のApple Watch"にサインインした場合は、この通知は無視できます。

と表示されたので、「OK」で閉じました。あー、嫌です。

「後で選択」を選んだものの、そこそこ時間がかかりました。

「使用準備が完了しました」

「Apple Watchの使用準備が完了しました」と表示されるので、「OK」をタップしました。

"Apple Watch"App
Apple Watchの使用準備が完了しました。iPhoneの"Apple Watch"Appを使ってApple Watchの設定を管理できます。

「マイウォッチ」という画面が表示されて、とりあえず初期設定は通過しきった感じです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿