情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「Apple Watchのソフトウェア・アップデートが利用できるようになりました」メモ

Apple Watch (13) iPhone (748)

Apple Watchのソフトウェアアップデートのお知らせが表示されたので、そこからの作業内容をメモしておきます。特に収穫はありませんでしたが、メモしたので、書いておきます。待たされる時間が長かったです。

表示された通知

iPhoneに、次の通知が表示されました。

Apple Watchソフトウェア・アップデート
Apple Watchのソフトウェア・アップデートが利用できるようになりました
[閉じる] [詳細]

詳細を開く

アップデートするために、「詳細」をタップしました。

ソフトウェア・アップデート
Watch OS 1.0.1
Apple Inc.

このリリースには、いくつかのパフォーマンス向上とバグ修正が含まれています。
[詳しい情報]
[インストール]
アップデートをインストールするには、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。
・iPhoneの通信圏内にある
・充電器に接続されている
・50%以上充電されている

[詳しい情報]の中身がこちら

このリリースには、以下のパフォーマンス向上とバグ修正が含まれます:

パフォーマンスの向上
・Siri
・スタンドアクティビティの測定
・室内自転車および室内ローイングワークアウトのカロリー計算
・屋外ウォーキングおよび屋外ランニングワークアウトの距離とペース
・アクセシ ビリティ
・他社製App

新しい絵文字の表示サポート

言語の追加
・ポルトガル語(ブラジル)
・デンマーク語
・オランダ語
・スウェーデン語
・ロシア語
・タイ語
・トルコ語

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

戻って「インストール」をタップしました。

インストール

まず、iPhoneのパスコード4桁が要求されました。

「利用条件」が表示され、「同意する」をタップします。

インストール中

すると、インストールボタンが、「Apple Watchにインストール中...」という表示に置き換わります。

Apple Watchが操作できない

このとき、Apple Watchを操作しようとすると、パスコード入力画面の途中(ちょっとは入力できた)で固まってしまいました。

そして、Appleのリンゴマークと、それを一周するプログレス表示が出てきました。

結構時間がかかる

アップデートを開始して、かなり時間がかかりました(終わるのを待つのを諦めたくらい。15分以上?)。

終了

アップデートが終了すると、「お使いのソフトウェアは最新です」と表示されて、アップデートが完了しました。

コメント(0)

新しいコメントを投稿