情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ソフトバンクのiPhone向け安心保証パックの規約を読んで知った解約・MNPしにくくなる条項を解説する

iPhone (750) iPhone 6s (53) iPhone 6s Plus (50) SoftBank (44)

ソフトバンクの機種変更手続きの付き添いをしてきて、ソフトバンクのiPhone向け保険サービス「安心保証パック(i)プラス」の、詳細な規約が気になり、帰宅後に読んでみたのですが、気になる記述があったので、紹介します。

※じゃぁAppleCare+のほうが良いのか、と言えば、AppleCare+のほうが「うわっ…」感高いので注意→「AppleCare+の修理代金がiPhone 6sから7,800円→11,800円に大幅値上げ。なんと1.5倍以上に

「あんしん保証パック(i)プラス」の特殊な修理費用

まず最初に、「あんしん保証パック(i)プラス」の仕組みを簡単に説明します。

「あんしん保証パック(i)プラス」に加入した人がiPhoneを故障させてしまった場合、まず、ユーザーはAppleに修理を依頼し、Appleに対して、修理費用を全額支払います

そして、修理の完了と支払の証明をソフトバンクへ持って行くと、「あんしん保証パック(i)プラス」がサポートする修理代金分*を、携帯料金から、毎月割り引く、という形でソフトバンクがユーザー側に支払います(*iPhone 6s/6sPlusの場合は、修理代金の80%をサポート)

ユーザーが立替→ソフトバンクが分割返金

つまり、修理代金を全額Appleに支払うことでユーザは一度「立替」をしていて、ソフトバンクは、毎月の利用料金と相殺する形で、「分割返金」する、という特殊な仕組みになっています。

ちなみに、auのスマートパスに含まれる「修理代金サポート」サービスは、こちらも立替ですが、一括で修理代金を指定口座に振り込んでくれます。

返金にかかる期間

Appleの修理料金表を参考にすると、修理金額は以下の通りです。

画面の修理その他(保証対象外修理料金)
iPhone 6s14,800円34,800円
iPhone 6s Plus16,800円38,800円

iPhone 6sが故障して、修理代金34,800円をAppleに支払ったとします。

ソフトバンクがサポートしてくれるのは80%の27,840円です。

料金シミュレータで、よくありそうなプラン選択をしてみると、月額9,165円になりました。

softbank-anshin-hosyou-pack-i-plus-bunkatsu-henkin-standard-plan

返金金額に関する条項

しかし、利用規約には、以下のような条項があります。

  • (10) 月月割の対象期間中は、月月割適用後の残額に対して割引します。
  • (11) 携帯電話機の分割支払金・賦払金、Apple Care Protection Plan 購入費、AppleCare+購入費、ソフトバンクまとめて支払いご利用分、ユニバーサルサービス料、および消費税等は割引*の対象外です。

これにより、機種代金(4,440円/月)が除外されるため、毎月ソフトバンクが分割返金してくれる金額は、およそ5千円となります。

そのため、27,840円の返金に掛かる期間は、5カ月もしくは6カ月となり、かなり長期間かかります(修理後、半年間再修理できないという条項と良い感じにフィット;)。

疑問:分割返金中にソフトバンク回線を解約・MNPしたらどうなるの?

ここで、ふと疑問に思います。

「これ、返金の途中で、ソフトバンクを解約したり、MNPで他のキャリアに移動したらどうなるんだろう?」と思いました

ここまでの計算を、ソフトバンクのお姉さんは当然教えてくれませんでしたが、解約時の処理も、教えてもらってはいません。規約PDFを読みます。

  • (14) 本特典による割引期間の途中で契約者回線を解約された場合、解約月の利用料金まで割引します。本特典による割引金額の残額がある場合であっても返金等は行いません

「残額がある場合であっても返金等は行いません」とあります。

返金打ち切り

というわけで、割引という名の返金作業は、解約時に打ち切られます

つまり、「80%サポートしてもらえる!」と思って保険に加入した人は、修理後の5,6カ月の間は、解約・MNPをすると、思っていたとおりの修理代金を受け取ることができないわけです。

「解約すると損」がココにも!

よく、2年縛りの途中で解約すると、違約金+月月割の受取権利を失う、という、2年間解約させないぞ圧が紹介されますが、さらに「あんしん保証パック(i)プラス」に入っていると、またそれとは別に「解約させないぞ圧」が生じる可能性があるということになります。

知ってて、理解して契約するなら良い、というのは当然ですが、このあたりを知らないと、何かと損することでしょう。

たとえば、2年縛りが解けるタイミングでMNPする予定の人は、残りが少なくなったら、もう「あんしん保証パック(i)プラス」を解約してしまったほうがいいかもしれません。分割払い「80%」の受取が間に合わないのですから。

こういう対応ができるかも、この条項を知っているのと知らないのとでは、大きく変わってきます

そして、ソフトバンク側からしても、この条項を知られていないことで、そういう「あんしん保証パック(i)プラス」の途中解約や、MNPによる離脱が少しでも減る、という効果がある(効果が出てしまう)、というわけです。

これはちゃんと、ソフトバンクでiPhoneを契約するみなさんに知ってもらいたい!

「あんしん保証パック(i)プラス」の回線解約時の扱いを知ろう!

というわけで今回は、「あんしん保証パック(i)プラス」を契約した際の、修理代金の受取方法(立替後、数ヶ月にわたって分割払い)と、分割払い中の解約・MNPで、分割返金が終了してしまい、保証が不完全に終わる、ということを紹介しました。

「あんしん保証パック(i)プラス」の契約を検討する際の、参考にしてください。

ちなみに、比較対象になる「AppleCare+」についてもまた厄介な(悪い)話があるので、そちらもどうぞ:「AppleCare+の修理代金がiPhone 6sから7,800円→11,800円に大幅値上げ。なんと1.5倍以上に

参考資料

コメント(2)

  1. ふじ
    2015年10月2日(金) 00:29

    8月末にAppleでiPhone6の画面割れの修理をし、12800(税抜き)支払いその日のうちにSoftbankショップに行き申請しました。11136円(税対象外)が分割返金で戻ってくるという説明をうけたのですが…今月の支払からあんしん保証パック修理代金還元という項目で-3362円となっていたのですが、家族まるごと割-1000と家族の学割-540がなくなっていました!157に問い合わせたところ、規約条項(11)と思われる説明をうけ2つの割引は対象外とのことで修理代還元中はずっとなくなるとの説明でした。規約上ではこのような解釈なのでしょうか??納得できず色々検索していたらこちらにたどりついたのですが
    ご意見聞きたいです。

  2. ふじ
    2015年10月2日(金) 00:57

    先程コメントしたのですが
    コメントに反映?されないのですが…
    イマイチ使い方がわかりません。

    お返事とかは無理なのでしょうか?

新しいコメントを投稿