情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Mac「開発元が未確認のため開けません」エラーが出て起動できないときの対策操作手順

Mac (30)

Macにアプリをダウンロード&インストールして、起動しようとしたところ、「○○は、開発元が未確認のため開けません」というエラーが表示されてしまい、実行できないときの対策について、メモしておきます。MacBook Pro (El Capitan 10.11.3, Early 2015) を使用。

「開発元が未確認のため開けません」エラーの例

「ClipMenu」をインストールして実行しようとしたとき、次のエラーメッセージが表示されました。

mac-app-mikakunin-clipmenu

"ClipMenu"は、開発元が未確認のため開けません。
"セキュリティ"環境設定でインストールが許可されているのは、Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションのみです

つまり、確認済みではない開発元=未確認の開発元のアプリケーションをインストールする方法が必要そうです。

右クリック→「開く」

このエラーが出る場合の対策操作は、ダブルクリックで起動するのではなく、「右クリック(2本指タップまたは、controlを押しながらクリック)」して、メニューを表示して「開く」を選択して起動します。

すると、次のメッセージが表示されます。

mac-app-mikakunin-clipmenu-control-click

"ClipMenu"の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?
"ClipMenu"を開くと、このMacでこのアプリケーションの実行が常に許可されます。
[開く] [キャンセル]

この警告に対して「開く」をクリックすることで、今度はちゃんと起動することができます

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About