情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS10が「OTAアップデート」に失敗するらしいけど「OTA」って何?他の方法は?

iOS (65) iOS 10 (44) iOS 10.0.1 (6) iOS-アップデート (22)

現在、iOS10へのアップデートに失敗し、iPhoneが文鎮化した(使えなくなった)という報告が相次いでいます。

その失敗報告に、よく「OTAだと失敗する」のように、アップデートの方法に「OTA」というものと、その他の方法があるかのような説明が付いていたりします

これを読んで、まず「OTAって何?」と思う人が多いと思うので、ちょっとそれを紹介します。

「OTAアップデート」とは

「OTA」とは、「Over The Air」の頭文字を取った略語で、「ワイヤレスで」のような意味です。

つまり「OTAアップデート」とは、ワイヤレスでのiOSアップデート(Wi-Fiを使ったアップデート)のことを指しています。

これは公式の用語で、次のApple公式ヘルプでは、「/ワイヤレス (Over The Air) で iOS をアップデートできない場合」のように書かれています。

iOS10の「OTAアップデート」失敗報告多数

そして現在、そのWi-Fi経由でのアップデートに失敗し、結局パソコンに接続する有線アップデート・復元が必要になってしまっているユーザーが急増しています。

OTAじゃないアップデート方法は?

OTAはワイヤレスアップデートのことでした。

それで失敗するのであればどうすればいいのか。

それはつまり、無線ではなく、iPhoneにケーブルを接続してアップデートしろということで、要するにiPhoneをパソコン(Windows・Mac)にUSB接続して、パソコンにインストールされているiTunesを使ってアップデートすることを指します。

現在、失敗が多いため、OTAではなく、「iTunesでアップデートしろ」という話が話題になっています。

バックアップ面でも、アップデート面でも、iTunesを使うほうが何かと安定であるため、iPhoneユーザーは、パソコンも持っていることが望ましいと思いますが、実際そういうわけにもいかないんですよね。。。はやく問題が解決されると良いのですが。

コメント(0)

新しいコメントを投稿