情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone 7で「スクリーンショットが出来なくなった」の声の分析と原因および対策

iPhone (750) iPhone 7 (63) iPhone 7 Plus (44)

iPhone 7 に機種変したら、スクリーンショットができなくなった」という声が目立ち、操作方法が変わったのかとも思ったのですが、どうやら、「そもそもの操作方法に関する誤解」と「iPhone 7 のホームボタンの仕様変更」が原因で、「今までと同じ感覚で操作してもスクリーンショットが撮影できない」状態になっている人がかなりの数含まれているような気がしました。

このあたりについて、ちょっと説明して、対策を紹介したいと思います。

iphone-7-pre-order-icon

「iPhone 7 でスクリーンショットができない」の原因を考える

いろいろ「iPhone 7に機種変したらスクリーンショットが取れなくなった」の声を読んでみると、どうも、「ホームボタンとスリープボタンを同時に押す」という操作をしているようでした。

しかし実は、「同時」である必要はなく、「どちらかのボタンを押した状態で、素早くもう片方のボタンを押す」という操作がスクリーンショット撮影操作です。

まずこの誤解をしているかどうかがひとつ大事です。

そしてもう一つ大事なのが、ホームボタンがiPhone 7から物理的にヘコまない感圧方式に変更になったことです。

どうやらこの影響で、ホームボタンを押そうとしてから、「押した」という判定されるまでのタイムラグが伸びており、「ホームボタンを押し遅れている」ようです

この2つの要因の片方もしくは両方が発生し、「スクリーンショットができなくなった」と言っている人がそれなりにいるような気がしました。

こんな予測を立てていた自分自身、この予測のことを忘れていたのですが、スクリーンショットに初回、失敗してしまいました。ホームボタンのタイムラグが予想以上で、今までのタイミングだと、押し遅れてしまっていたのです。

対策

というわけなので、2つの誤解を理解した上での対策は、まずスリープボタン(電源ボタン)をしっかり押し続けてから、すばやくホームボタンを押して、ホームボタンがちゃんと押された判定されるまで、意識的にスリープボタンを押し続けて離さないようにするという手順でスクリーンショットを撮影する、という方法です。

文章で書くと長くなってしまうのですが、早い話、「スリープボタンを離すのが早いと失敗するぞ、ホームボタンが押し遅れやすいから」ということになります。

これで直る人、直らない人居るとは思うのですが、是非一度試してみてください。

「ホームボタンを押しながらスリープボタン」でもいいんじゃないの?

ここでわざわざ、「スリープボタン」→「ホームボタン」の順番をおすすめしたのは、逆の順番がめちゃくちゃタイミングが厳しくなっているからです。

今まで「ホームボタン」→「スリープボタン」でスクリーンショットをしていた人も、今回、「できなくなった」となっている可能性は高いと思います。

確かに「ホームボタン」→「スリープボタン」の順番でもスクリーンショットが引き続き撮影できるのですが、ホームボタンの押し心地の問題も含め、ホームボタンを押してから、スリープボタンがスクリーンショットボタンとして機能する時間的な幅がかなり短く、少しでも遅れると、すぐ普段通りのスリープボタンとして動作してしまい、「画面スリープ」扱いになって画面の電源がオフになる(暗くなる)挙動をしてしまうのです。

ホームボタンの長押し判定が厳しくなったようです。ホームボタンを押してから、かなりすぐに、スリープボタンを押す必要がありました。それに対して、「スリープボタン」→「ホームボタン」は、許されるタイミングの幅が広く、利用しやすくなっています

コメント(0)

新しいコメントを投稿